くらし

50歳から、まだまだ行ける!新しいステップを踏み出した大橋利枝子さん。

もう50代?と嘆くなかれ。まだ道は半ばです。50代でなお活発に、新しい道を選択する人はたくさんいます。恐れず、邁進あるのみ!
  • 撮影・柳原久子、大嶋千尋、嶌 陽子

[大橋利枝子さんの転機]親友の他界を機に、衣服ブランドの立ち上げを決心。

大橋利枝子(おおはし・りえこ)さん●デザイナー。1965年生まれ。スタイリストを経て2018年、自身のブランド「fruits of life」を立ち上げる。著書に『おしゃれって いいもの』(文化出版局)。http://www.fruitsoflife.jp/

「50代の私に何ができるだろうと考えた時、 築いてきた人脈が財産だと思ったんです。」

「商品の検品作業からタグ付け、発送まで、ほとんど一人でやっています。パソコンが苦手だから、受注書や請求書を発行するのもひと苦労で」

そう話す大橋利枝子さんの顔は、それでも生き生きしている。昨年、衣服ブランド「fruits of life(フルーツオブライフ)」を一人で立ち上げてから1年あまり。「50代の自分自身が着たいと思うものを作った」というラインナップは、着心地のよさと上品な美しさを兼ね備えた、大人の女性のための服だ。30年近いスタイリストのキャリアを経て、「今後はデザイン一本でやっていく」と決意。その背景には何があったのだろうか。

短大卒業後、20歳の時に雑誌『オリーブ』編集部のスタイリストアシスタントになった大橋さん。

「学校みたいな自由な雰囲気だった」環境で、ファッションやカルチャーなど、あらゆるものを吸収していった。

「みんな仲が良くて、すごくフラットな関係でした。人との接し方も含め、私の基盤が作られた時代でしたね」

『オリーブ』のスタイリスト時代。編集部でコーディネート。

3年後にスタイリストとして独立し、20年以上、数々の雑誌や広告などで活躍。そして2012年、縁あってライフスタイルショップ『fog linen work』の新しい衣服ブランド「FLW」のデザインを手がけることに。

「モデルに服を着せるスタイリストの仕事とは全く違う経験でした。一般の、さまざまな体形の人が着る服をデザインしなければいけない。お客様が試着する様子を見て『着る時に体のこの部分が気になるんだ』とわかったり。体形やサイズ感について、すごく勉強になりました」

6年間「FLW」のデザイナーを務めた後、昨年、52歳で自身のブランド「fruits of life」を立ち上げた。

「『FLW』の時はデザインだけ担当する、いわばお手伝いのような感覚でした。今は、パターン製作は信頼するパタンナーさんに外注していますが、それ以外はお金の管理、生地問屋との交渉、営業など、ほぼ全て自分の仕事。毎日すごく忙しいですが、イメージどおりのサンプルが上がってきたり、お客様が試着した瞬間に笑顔になるのを見た時は本当にうれしい。やってよかったと思いますね」

「FLW」のデザインをしていた頃に出版した本。
好きなアーティストの作品集など、発想の元になる本の数々。
ワダ・エミの作品集等、東洋の衣服も大切なインスピレーションの源。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。