からだ
くらし

漬物の葛あんかけ【井澤由美子さんに教わる腸活レシピ】

腸の不調や便秘は、ぽっこりお腹の原因にも。料理家の井澤由美子さんのレシピで、たっぷりの野菜に、発酵食品やオイル、海藻などを合わせ整腸作用のある“デトックスサラダ”を作りましょう。
  • 撮影・村上未知 料理製作、スタイリング・井澤由美子

温かくても冷たくてもおいしいとろみ。
葛粉は、するっと快適なお通じに大切な炭水化物。発酵食品である漬物の酸味と葛のとろみが相性よく、満腹感もある一品に。

【材料(2人分)】
ナス、白菜など好みの漬物適量 だし1カップ 葛粉大さじ1と1/2〜2(水大さじ2でといておく) 実山椒の塩漬け適宜 醤油小さじ1/2

【作り方】 
1.漬物を食べやすい大きさに切り、器に盛る。
2.だしを温め、葛粉を水でといたものを入れ、とろみがついたら醤油、好みで実山椒の塩漬けを入れる。漬物の塩気が強い場合、醤油は不要。
3.2の粗熱が取れたら1にたっぷりかける。

井澤由美子(いざわ・ゆみこ)さん●料理家。発酵食、薬膳のエキスパート。本誌995号の料理研究家・藤井恵さんとの対談がきっかけで、7月に念願のスペイン旅行に。「現地の居酒屋や発酵食品、たくさん探してきます!」

『クロワッサン』998号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。