からだ

【編集部こぼれ話】自称・運動嫌いの保田圭さんが、 腹筋トレーニングに挑戦すると?

4月25日発売の『クロワッサン』998号「お腹ぽっこり 改善プログラム。」のこぼれ話をお届けします。
ヨガ講師でもある中村尚人さんが“そる”と、ここまでグイーン!(普通の人は真似しないよう)

お腹をひっこめたい時のセルフトレーニングを思い浮かべるとしたら、まず腹筋ですよね。そしてその腹筋トレーニングというのは、仰向けに寝て膝を立てて上体を起こす、辛いやつですよね。

実はその一般的なスタイルの腹筋、アメリカのバスケットボール界や、日本でも一部のスポーツ協会では、腰を痛めるなどのリスクが高いとして禁止し始めているそうなんです。

それに代わる腹筋トレーニングとしてこれからの主流になるのではといわれているのが、‟そる腹筋”。立ったまま(もしくは座ったまま)体をそらせるだけなのでラクチンで誰でもできるのに、これまでの腹筋よりも効果があると聞いたらやるしかない! 

‟そる腹筋”の第一人者である中村尚人さんの指導を受けながらトライしてくれたのは、タレントの保田圭さん。1歳になった息子さんが可愛くて毎日幸せ……だけど身体のケアはまったくしておらず、そろそろ何とかしないとマズイかも、という絶好のタイミングでした。

元々、身体を動かすことにあまり積極的ではなく、トレーニングに対しても苦手意識があるとのことでしたが、いざ動き始めるとなかなかどうして。初めての姿勢も難なくこなし、当初は中村さんに実演してもらう予定だったポーズ撮影も、急きょ保田さんにモデルになっていただくことに。考えてみれば、モーニング娘。では歌唱力のみならずダンスにも定評のあった保田さん。中村さんも「やっぱり連日、ステージでパフォーマンスをこなしていただけあって、センスがいい」と太鼓判を捺すほどでした。

上体起こしの腹筋トレーニングはまず仰向けに寝転がることが億劫だった、という保田さんと同じ思いの人も多いかと思います。ぜひ、‟そる腹筋”を始めてみてください。
(編集F)

5月25日発売の『クロワッサン』最新号は「お腹ぽっこり 改善プログラム。」

体重は若い頃とさほど変わっていないのに、年齢とともにお腹ばかりがぽっこりまあるくなっていく…。
でも、あきらめてはなりません。腹部のさらなる膨張を食い止める方法をクロワッサンが総力取材しました! ⇒試し読み・詳細はこちら。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE