からだ
くらし

山本浩未さんに聞く発酵食とオイル。「オイルと発酵食で食のバランスをキープ。」

日々の食卓に欠かせない、発酵食とオイルをヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんに聞きました。
  • 撮影・青木和義、角戸菜摘
山本浩未さん ヘア&メイクアップアーティスト

「ジャンクなものも食べたいときは食べるようにしているので、そのぶん良質なオイルや発酵食でバランスをとるようにしています」

という山本さん。オメガ3を豊富に含む、アマニ油やえごま油を一日大さじ1杯ほど摂るようになってから、お通じが良くなり、肌も乾きにくくなった。

「お弁当にサッとかけたり、お味噌汁や納豆に入れたり、手軽なので続けられています」

また、甘酒をヨーグルトや冷凍フルーツとスムージーにして飲んでいる。

「これからの季節は特におすすめです」

イチゴの甘酒スムージー。冷凍イチゴ3、4粒に、甘酒と豆乳を1:1の割合で入れ、ミキサーにかける。甘酒は金沢の福光屋(TEL.076-231-2191)のものを愛飲。
右・有機高原のえごま油低温圧搾生しぼり90g 3,600円(こだま食品 TEL.0800-100-08 31) 左・アマニエクストラバージンオイル 110g 2,750円(ヒトミビヨウラボ TEL.03-6272-4687)

山本浩未(やまもと・ひろみ)●「今すぐ実践できるメイクテクニック」を発信する、メイクアップの第一人者。近著は『おとなメイクは白・黒・赤だけでいい』(宝島社)。

『クロワッサン』973号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE