からだ

比嘉一雄さんに教わるお尻の動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【お尻】腰痛や膝の不調を解消するため、 お尻の筋肉の柔らかさをキープする。

 

大殿筋

お尻の大殿筋は、歩いたり走ったりする動作に大きく関わっている。
「大殿筋が硬くなると、足が着地するときに受ける地面からの衝撃をスムーズに身体に受け流せません。代わりにももや膝が衝撃を負担することになるので、膝痛や足の不調を招くのです。また、股関節の動きにも悪影響を及ぼし、腰痛の原因にもなります」

(1)胸の前で左の膝を両手で抱える。背中はまっすぐに伸ばし、軸足は伸ばしたまま動かさない。
(2)抱えた左膝を離し、前方に大きく踏み込む。倒れないように、重心は真下に落とす。1の体勢に戻る。左右各10回ずつ繰り返す。
背中が曲がり、踏み込みが浅いと大殿筋への刺激が弱くなる。背筋を伸ばしてできるだけ深く踏み込むこと。踏み込んだ足の大殿筋がよく伸ばされる。
(1)胸の前で左の膝を両手で抱える。背中はまっすぐに伸ばし、軸足は伸ばしたまま動かさない。
(2)抱えた左膝を離し、前方に大きく踏み込む。倒れないように、重心は真下に落とす。1の体勢に戻る。左右各10回ずつ繰り返す。
背中が曲がり、踏み込みが浅いと大殿筋への刺激が弱くなる。背筋を伸ばしてできるだけ深く踏み込むこと。踏み込んだ足の大殿筋がよく伸ばされる。

【動画】動的ストレッチ【お尻・大殿筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE