比嘉一雄さんに教わる背中の動的ストレッチ | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

比嘉一雄さんに教わる背中の動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【背中】体幹の軸となる背中にアプローチすれば、 身体の動きは断然軽やかに変わる。

 

僧帽筋

首から背中にかけて広がる僧帽筋。肩や腰に近い筋肉と一緒に伸ばして刺激することは、背中のハリや猫背の改善にとても効果的。
「全身のパワーを発揮するために背面の筋力アップは必須。上半身の大きな筋肉に柔軟性と筋力が復活すれば、全身の血流もアップするので疲れにくくなり、アクティブな身体が手に入ります」

(1)足を前後に軽く開き、左手のひらを上に向けて肘を曲げ、腕を横腹につけて軽く引く。
(2)左腕を付け根から内側にひねりながら突き出し、手のひらを外側に向ける。腕を元に縮める、伸ばすを繰り返す。左右各10回。
腕をひねる際、腕の高さを下げると筋肉の伸びが甘くなる。また骨盤を動かさないよう注意すること。上体だけで腕を伸ばして縮める動作を繰り返して。
(1)足を前後に軽く開き、左手のひらを上に向けて肘を曲げ、腕を横腹につけて軽く引く。
(2)左腕を付け根から内側にひねりながら突き出し、手のひらを外側に向ける。腕を元に縮める、伸ばすを繰り返す。左右各10回。
腕をひねる際、腕の高さを下げると筋肉の伸びが甘くなる。また骨盤を動かさないよう注意すること。上体だけで腕を伸ばして縮める動作を繰り返して。

【動画】動的ストレッチ【背中・僧帽筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE