からだ

目の冷え・スマホ老眼を、ストレッチで解消しよう。

  • 撮影・岡本 潔 文・一澤ひらり

【ドライアイ防止】原因は目の冷えと目の油の滞り。温めてから、マッサージ。

《まずはチェック!》何秒間瞬きしないでいられるか。

10秒我慢できなかったらドライアイ。30秒未満は疑いあり。30秒以上我慢できたらセーフ。

ホットタオルで目の冷えを改善。

(左)湿らして軽く絞ったタオルを電子レンジ(600Wで40秒程度)で温めて5分間、目に当てる。(右)「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」(花王)は目が温まり心地よい。

涙の油を分泌させ、質のよい涙で目の乾きを防ぐ。

1. 上まぶたを上から下へ撫でるように内側、真ん中、外側と10回マッサージする。
2. 同様に下まぶたを下から上にマッサージ。眼球を圧迫しないように注意して。
3. 上まぶたを目頭から目尻に向かって、優しく撫でるように10回マッサージする。
4. 下まぶたを目頭から目尻に向かって、優しく撫でるように10回マッサージする。
5. 詰まった目の油を押し出すイメージで、2本の指で上まぶたを軽くつまんでいく。
6. 同様に下まぶたを2本の指で軽くつまんでいく。涙の油分の分泌が促される。

手でまぶたを温めるパームアイ。

1. 手のひらを10回ほど擦り合わせて手を温める。リラックスして擦るのがポイント。
2. 閉じた目に両手を当てて、30秒〜1分間覆う。5回繰り返す。

目の周りの筋肉に刺激を与える。

目をぎゅっとつむり、パッと開ける。10回繰り返す。目の油を押し出し、眼輪筋を強化する。

倉田真由美(くらた・まゆみ)●漫画家。漫画『だめんず・うぉ〜か〜』で知られる。現在、情報番組『ビビット』(TBS系)のコメンテーターをはじめテレビ、ラジオでも活躍中。

平松 類(ひらまつ・るい)●医学博士。彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長。のべ10万人以上の治療に携わる。著書に『魔法の眼トレで全身が若返る!』(廣済堂出版)など。

『クロワッサン』967号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。