からだ

顔のむくみを改善して小顔になる、きれいになるためのリンパマッサージ。

筋膜のよじれやねじれを解きほぐし、こりや疲れを改善する「筋膜リリース」を世に広めた“筋膜博士”、竹井仁さんに教わるリンパマッサージ。今回は「顔」編です。
  • 撮影・岡本 潔 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・村田真弓 モデル・森田麻恵 文・一澤ひらり

身体の表層にあるリンパ液の排出を促すのがリンパマッサージ。頭部と頸部のリンパの流れに沿って、鎖骨の下へとマッサージを行う。「水分が通る静脈やリンパ管は皮膚表面に近い所を通っているので、軽くさするぐらいで充分です。マッサージの前に水を飲むと、リンパ液が流れやすくなります」と竹井さん。顔のむくみをスッキリさせ、みずみずしいハリと弾力を取り戻そう。

1. 最初と最後に行うと効果的。鎖骨のくぼみほぐし。

両手を胸元でクロスさせ、リンパが鎖骨の下に流れ込むところを解きほぐして排出しやすくする。指を鎖骨の上のくぼんだところに当て、円を描くように押してゆっくりもみほぐす。

2. リンパの流れを促す首の左右倒し。

首を左右にゆっくり5回ずつ傾ける。肩が上がらないように注意。

3. リンパの滞りを改善するあごの下ほぐし1。

親指以外の指を使い、両手で口からあごの下(オトガイ下リンパ節)を通って首の付け根まで、やさしくゆっくりと数回さすり下ろす。

4. 小顔に効果、エラの下ほぐし。

親指以外の指で、鼻の横から頬、エラの下(アゴ下リンパ節)を通って首の付け根まで、やさしくゆっくりと数回さする。フェイスラインが引き締まってきれいに。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE