からだ

動かそう! 四十肩・五十肩を改善するには、肩関節のストレッチ。

【楽チンからだ作り】vol.4

<気になる不調を改善>
肩の動きを衰えさせないために、しっかりと関節を動かそう。

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」。原因は分かっていませんが、肩関節の周りの組織が炎症を起こすという病態で、痛みを伴うのが特徴です。

半年や1年くらいで回復することが多いのですが痛みのあまり肩を動かさずにいると、肩関節の動きが悪くなるため、他の筋肉を使って物を持ち上げるようにしてしまい悪化の原因にも。

痛みのない範囲でしっかりと動かしてあげましょう。

 

肩関節のストレッチ・その1

両足を肩幅の広さに開いて立つ。
手のひらを内側にむけて、斜め30度の角度で腕を伸ばす。
CR_CNK9232[1]

 


体の位置はそのままにし、腕をスイングさせて、体の前後に巻き付ける。
CR_CNK9235[1]

 


今度は逆側をスイングさせる。
これをリズミカルに10往復繰り返す。肩は力を入れずに、リラックスさせること。
CR_CNK9238[1]

【次のページ】2つ目は?
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE