からだ

呼吸が浅くなっていないかチェックリストで確認を。正しい呼吸で自然治癒力を高める。

  • 撮影・青木和義 画文・大田垣晴子 文・田辺 香

〈 基本呼吸法 〉浅呼吸が深い呼吸に変化する。

「深呼吸チェックリスト(前ページ)の項目にチェックが多い人は、浅呼吸している可能性があります。安定した呼吸を身につけるために、合掌するのがポイント。この呼吸法をマスターすると肩や首、腕の緊張が起きにくくなり、浅呼吸の改善に役立ちます」(森田さん)

〈 前屈の自然呼吸法 〉腹部の緊張がほぐれリラックス状態に。

「椅子に座って前屈しながら息を吐くと、胸腔と腹腔が縮小し、体の中から息が押し出されるように出ていきます。前屈状態から体を起こすと、胸腔と腹腔が拡張し、体が引き込むように、自然に息を吸い込みます。3〜5分繰り返し行うとよいでしょう」

〈 深い呼吸へと切り替える呼吸法 〉肋骨や腰が動いて酸素が体をめぐる。

「呼吸に伴って背中、腰、お腹が動くのを実感できるようになります。背中は丸めず、鼠蹊部(そけいぶ)から体を二つ折りするように前屈してください。このとき、体が硬い人は少しお尻を持ち上げてもOKです。おへそが見えるまで、頭を下げないように注意を」

〈 許可の呼吸法 〉当たり前に呼吸が整い、深い眠りに。

「息を吸うと体幹部分が膨らみ、膨らんだ分だけ自然に吐けるようにできています。息を吸ったら頑張って吐こうとせず、自然に出ていくのを許可してください。就寝前に5回ほど繰り返せば落ち着いて眠れます。マスク着用中もこの呼吸法を意識すると酸欠が防げます」

森田敦史

森田敦史 さん (もりた・あつし)

呼吸整体師

K-Raku代表。整体の経験を積む中、体が整う呼吸法を考案。著書に『なにもしていないのに調子がいい ふだんの「呼吸」を意識して回復力を高める』。

大田垣晴子

大田垣晴子 さん (おおたがき・せいこ)

イラストレーター

イラスト&エッセイの「画文」で知られ、雑誌などで活躍。『うちの香草育てる食べる 薬味とハーブ18種』『徒然絵つづり 百人一首』など著書多数。

『クロワッサン』1066号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。