からだ

座りすぎからくる疲労や体調不良を解消したい人のための3つの記事。

寒さやコロナで家にいる時間が増えた昨今、つい座りっぱなしになっている人も多いはず。ぽっこりお腹や腰痛、疲労を解消する方法を医師や専門家に教わります。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 間違った座り姿勢が不調のもと?究極の座り方で、肩こり・腰痛改善。

肩こり、腰痛、頭痛やむくみ、慢性的な疲労感などをもたらす「座りっぱなし」。日本人は特に多いと問題になっています。体調不良を招きやすい4つの間違った座り方と改善方法をWHO基準カイロプラクターの木津直昭さんに聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

2. テレワーク疲れにも最適な椅子机まわりの10秒ストレッチ。

座った姿勢でのパソコン作業が続くと、肩や首、お尻まわりがこったり、疲労がたまりがち。体の痛みや不調をケアする「10秒ストレッチ」で注目されている柴雅仁さんに、デスク作業でこりがちな部位に効果絶大の椅子を使った伸ばし運動を教わります。

⇒詳細はこちらから

3. 座ったままからくる疲れに。血流アップの簡単エクササイズ【疲れない運動のコツ】

「座ったままの動かない状態は疲れを呼びます」と、東京 疲労・睡眠クリニックの梶本修身さん。簡単な血流をアップさせるエクササイズで体の巡りをよくして、疲労物質を排出しましょう。ハードな運動は疲労に疲労を重ねるようなものですよ。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。