からだ
くらし

「食べる輸血」ビーツとレバーのバルサミコソテー【井澤由美子さんのレシピ】。

食養生を提案する料理家の井澤由美子さんによる注目のスーパーフードを組み合わせた料理は、しみじみとおいしく、体を癒やしてくれる。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・矢口紀子 文・田村幸子

ビーツとレバーのバルサミコソテー

食べる輸血で”かくれ貧血”をレスキュー。

あざやかな濃いピンク色のビーツと新鮮なレバーの取り合わせは、バルサミコの酸味とコクで、フレンチビストロ風。
「中医学では、爪が割れる、髪がパサつくというときは、血液が足りていないとき。食べる輸血という異名をもつビーツにレバーを加えて、ダブルでケアしましょう」。
フレッシュなビーツが手に入らないときは、水煮したものを。

【材料(2人分)】
ビーツ(下ゆでしたパックのもの)150g
鶏レバー 200g
バルサミコ酢 大さじ1と1/2
醤油 小さじ1/2
塩・胡椒 各少々
片栗粉 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
ベビーリーフ 適量
クルミ 5〜6粒

【作り方】
1.ビーツは食べやすく切る。鶏レバーは筋や脂があれば取り除き、食べやすく切って水に20分ほど放す。ザルにあげて水気をしっかり拭く。
2.バットに鶏レバーを置き、塩、胡椒をふって全体に片栗粉をまぶす。
3.フライパンにオイルを入れて中火で熱し、鶏レバーを焼く。ビーツを加え、バルサミコと醤油を加え、全体をなじませるようにソテーする。
4.器にベビーリーフを敷き、3を盛りつけ、砕いたクルミをふる。

ビーツ

●ビタミン
●ミネラル
●植物由来の抗酸化剤 など

井澤由美子

井澤由美子 さん (いざわ・ゆみこ)

料理家

料理家。発酵食、スーパーフード、中医学に基づく薬膳を熟知し、食養生を提案。監修した『毎日の食事で心と体をととのえる漢方ごはん』が刊行。

『クロワッサン』1051号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。