からだ
くらし

週初めのストレスに。月曜日の玄米と山芋の朝粥【井澤由美子さんのレシピ】。

食養生を提案する料理家の井澤由美子さんによる注目のスーパーフードを組み合わせた料理は、しみじみとおいしく、体を癒やしてくれる。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・矢口紀子 文・田村幸子

月曜日の玄米と山芋の朝粥

ストレスにも効果のある玄米を、週初めに。

「週初めの月曜日は、玄米をお粥にしていただきます。玄米は体にいいけれど、消化しにくいのが難点。でも、お粥にすると消化もよく、食欲が落ちたときも食べやすくなります」。スタミナのつく山芋と、みそで調味することで、さらにパワーアップ。天日で干した生姜を添えると体がポカポカと温まる。

【材料(2人分)】
玄米 0.5合
昆布 1切れ
山芋のすりおろし 大さじ3
みそ 小さじ1~2
粒黒胡椒 適量
干し生姜 4〜5枚

【作り方】
1.玄米は前夜に水に浸しておく。
2.厚手の鍋に水3カップ、昆布、干し生姜を入れ、沸騰したら弱火にし、ふたをずらして30分前後煮る。玄米が柔らかくなったら火を止め、みそ、山芋を加え、食べる直前までふたをしておく(出汁を足して好みの水分量に調節しても)。
3.砕いた黒胡椒をふる。

玄米

●食物繊維
●ビタミン
●ミネラル など

井澤由美子

井澤由美子 さん (いざわ・ゆみこ)

料理家

料理家。発酵食、スーパーフード、中医学に基づく薬膳を熟知し、食養生を提案。監修した『毎日の食事で心と体をととのえる漢方ごはん』が刊行。

『クロワッサン』1051号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。