からだ
くらし

腸がぽかぽか温まる、卵のサンラータン風【藤井恵さんのスープレシピ】

腸の健康のために有効な食材は「朝食でしっかり摂っておく」のが藤井恵さんのマイルール。
毎日続けることが大事だからこそ、忙しい朝でも手軽に作れるスープが活躍するといいます。
  • 撮影・岩本慶三 文・葛山あかね スタイリング・本郷由紀子

酸味を効かせた〝腸温〟スープです。

「以前、酢入りのスープにはまったことがあって。そのときしょっちゅう作っていたのが、これ」

このスープのいいところは何より酢がたっぷり摂れること。

「酢を一度にたくさん摂るのって意外と難しいでしょう。でもこれなら無理なくすっきり楽しめます」

卵を落として、きのこを入れればたんぱく質も食物繊維もしっかり補えるし、とろみをつけてあるから腸がぽかぽか温まる。一日の始まりにぴったりです。

ちなみに酢の種類は多種多様。「それぞれ酸度が違いますから、たとえば酸味に弱い人は酸度が低くまろやかな黒酢を、酸っぱいのが好みなら酸度の高いワインビネガーをというように自分好みの酢を選び、上手に使ってくださいね」

卵のサンラータン風

【材料】2人分
えのき …… 1パック
溶き卵 …… 1個分
だし ……… 2カップ
A 長ねぎ …… 10㎝幅分
  生姜 ……… 1かけ
  醤油 ……… 大さじ1/2
  塩 ………… 小さじ1/3
  砂糖 ……… 少々
  酢 ………… 大さじ3
B  水 ………… 大さじ2
  片栗粉 …… 大さじ1
ごま油 ………………… 小さじ2
粗挽き黒こしょう …… 少々

【作り方】
1.
えのきは長さ3等分に切ってほぐし、長ねぎと生姜はみじん切りに。Bは混ぜておく。
2.鍋にだしとえのきを入れて5分煮る
3.Aを加えて2〜3分煮たら、Bを加えてとろみをつけ、卵をまわし入れて、ごま油を加える。
4.器に盛り、粗挽き黒こしょうをふる。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

管理栄養士・料理研究家

手軽な健康レシピを提案。腸活の一環として植物エキス発酵飲料+黒酢を水で割ったドリンクを愛飲。1年で中性脂肪が半分になったとか。近著に『腹凹ごはん』(日経BP)。

※プロフィールは取材時のものです。

『Dr.クロワッサン 免疫力アップの決め手、腸内環境を強くする』(2020年7月30日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。