からだ
くらし

アミノ酸のバランスが最高の卵を、 毎朝食べられる3つの簡単レシピ。

卵は毎日食べたい身近なたんぱく質。時間がなくても充実の1日を送るためにしっかり食べたい朝ごはんに最適な究極の卵かけごはんと、全卵をぺろりと食べられる疲れ知らずのレシピ2品を紹介します。
  • 撮影・千葉 充 文・韮澤恵理

究極の卵かけごはん

\アマニ油を加えてパワーアップ!/

【材料 (1人分)】
ごはん(炊きたて)…… 茶碗1杯(150gくらい)
卵 …… 1個
万能ねぎの小口切り …… 適量
醤油 …… 少々
アマニ油 …… 小さじ1

【作り方】
卵かけごはんの食べ方は自由。先混ぜ派は均一な味わいに、後のせ派は少しずつ変わる卵の絡み方を楽しんで。

さらに体に効くちょい足し!

【めかぶ】
1人分1パック40gくらいがおすすめ。水溶性食物繊維がしっかり摂れる。

【納豆】
1人分1パック40gくらいを。大豆イソフラボンやナットウキナーゼは体の味方。

【長いも】
すりおろし50gくらいをミックス。食物繊維が多く、胃を守り、ビタミンも豊富。

【オクラ】
1人分2本をさっとゆでて小口切りに。ネバネバには水溶性食物繊維がたっぷり。

スライス玉ねぎ生卵のせ

\⽟ねぎの有効成分をムダなく⾷べられる⼀品/

【材料 (2人分)】
卵 …… 2個
玉ねぎ(あれば新玉ねぎ) …… 1個(正味160g)
花かつお …… 2つまみ(3~4g)
すりごま、醤油 …… 各適量

【作り方】
1.
玉ねぎは繊維を断ち切る方向に薄切りにし、皿に広げて30分ほど放置する。
2.花かつおと玉ねぎを混ぜて1人分ずつ器に盛り、卵を割り落とし、ごまと醤油をかけ、混ぜて食べる。

グリーンピースかき玉スープ

\グリーンピースはポリフェノールやビタミンが豊富な⾷材/

【材料 (2人分)】
グリーンピース(冷凍) …… 1カップ(100g)
ベーコン …… 2枚(40g)
卵 …… 1個
オリーブ油 …… 小さじ1/2
チキンスープの素(顆粒) …… 小さじ1
塩、こしょう …… 各少々

【作り方】
1.ベーコンは細切りにする。鍋にオリーブ油を熱して弱めの中火でベーコンを炒め、焼き色がついたらグリーンピースと2カップの水、スープの素を入れて蓋をし、10分ほど煮る。
2.蓋を取って塩、こしょうで味をととのえ、溶きほぐした卵を細く流し入れ、かき玉にする。

疲れない体をつくる全卵ぺろりのレシピ。

卵黄をのせて食べるおかずもおいしいけれど、しっかりたんぱく質を摂るなら白身が重要と覚えておいてください。卵はちょっといいものを選ぶとシンプルなおかずが抜群のおいしさに。

スライスした玉ねぎは水でさらすと有効成分が溶け出してしまうので、切った後に皿に広げてしばらくおき、刺激成分をとばします。驚くほど辛みが抜けます。

グリーンピースはカリウムや亜鉛などのミネラルとビタミンも豊富な豆類です。最近の冷凍野菜は旬の最もおいしくて栄養価が高い時期に瞬間冷凍しているので、積極的に利用したい食材です。

国産地鶏のおいしい卵

純国産地鶏「岡崎おうはん」の卵が落合さんのおすすめ。たんぱく質が豊富なえさをたっぷり食べて育った濃厚な味わいです。

アクザワファーム 注文はメールかFAXで。メール akuzawafarm@gmail.com FAX.0279-54-8880
落合貴子

レシピ

落合貴子 さん (おちあい・たかこ)

栄養士、フードコーディネーター

自然食品メーカーでの栄養カウンセリング、料理研究家のアシスタントを経てフードコーディネーターに。体によい食材をおいしいレシピに仕上げる技で、テレビや雑誌を中心に活躍。

工藤孝文

監修

工藤孝文 さん (くどう・たかふみ)

内科医、漢方医

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療に携わる。著書に『やせる出汁』(アスコム)、『疲れない大百科』(ワニブックス)など多数。テレビ『ガッテン!』『ホンマでっか!? TV』などでも活躍。

『Dr.クロワッサン 免疫力を強くする、疲れない体のつくり方。』(2020年6月26日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。