からだ

自宅で日用品を使ってできる「ながらストレッチ」でコリ知らず!

忙しい人でもスキマ時間に続けられる、簡単なストレッチを整体師の古賀直樹さんに教わって紹介します。毎日に取り入れれば、疲れや痛みを感じにくい体に。
  • イラストレーション・小林マキ

[ストレッチ1] お湯が沸くのを待ちながら

効果→脚の疲れに

片方の足を上げ、足裏を壁につける。反対の膝は軽く曲げる。壁につけた足裏に体重をかけて数秒静止。左右で行う。ふくらはぎに刺激を与えるため、足裏全体を壁にぴったりつける。痛みを感じる場合は無理せず。

[ストレッチ2] TVをみながら

効果→坐骨神経痛予防

床に座ったら両脚を肩幅より少し開いて膝を曲げる。片方の足を反対の膝にのせ、内側に倒しながら深呼吸を3回。反対側も同じように。お尻の奥にある筋肉を引っ張ることで、こわばった筋肉を緩め、お尻から脚の痛みをやわらげる。

痛くてできないという人は、軽く膝を曲げたまま、手を使って膝を内側に倒す。つらくない範囲で。

[ストレッチ3] お風呂あがりに体を拭きながら

効果→上半身のコリをほぐす

バスタオルの両端を持ち、両腕を広げて大きく伸ばす。体幹を軸に上半身を左右に10回ずつひねる。体のコリをじんわりほぐすように、ゆっくりと行う。

バスタオルはしっかりと張って持つ。タオルが小さい場合は対角線を持って行うとよい。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。