からだ

ストレッチで、猫背をなおす&バストアップ。【ストレッチで叶う体形リメイク】

年齢とともに、不本意なほうへと変化していく身体のフォルム。ストレッチでかつてのスタイルに戻すことができるんです。パーソナルトレーナー、「CALADA LAB.」代表取締役の比嘉一雄さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・武政 ヘア&メイク・高松由佳 モデル・くらさわ かずえ 文・菅野綾子

猫背改善には背中と胸へのアプローチが大事。
胸が開けば、うれしいバストアップ効果も!

・背中

猫背の大きな原因の一つは、硬くなった背中の筋肉。伸ばして緩めることで、姿勢だけでなく、肩こり改善にも一役。

背中の上〜中部に位置する肩甲骨と背骨を繫ぐ僧帽筋と、中〜下部に広がる広背筋にアプローチ。

1.両腕を前方に伸ばし、左右の指を交互に差し込むように、しっかり両手を組む。脚は腰幅くらいに開いて。

2.両手の指を組んだまま腕を前方へ押し出すように下ろし、さらに背中を丸めて左右の肩甲骨を開く。その姿勢のまま力を抜いて、ゆっくり息を吐きながら20秒キープ。頭から上体を丸め、腕と背中が互いに引っ張り合うようなイメージでやると、僧帽筋と広背筋をより引き伸ばせる。

・胸

胸の筋肉が硬くなると背中が丸まり、猫背になりやすくなる。胸を伸ばすことで肩こりや呼吸もラクに。

肋骨と鎖骨、そして腕の骨を繫ぐ大胸筋。ここが衰えると、バストの位置も下がってしまう。

1.壁の前に横を向いて立ち、脚を腰幅に開く。そこから肘が肩と同じ高さになる位置で壁に手をつき、背筋を正す。

2.背筋を伸ばし、壁に手をついたまま上体を外側にひねる。そのまま力を抜き、ゆっくり息を吐きながら20秒キープ。左右を入れ替えて、さらに20秒キープ。上体をひねるときに、身体全体を軽く前方へ倒すと、全身の体重が負荷となって、より大胸筋を伸ばすことができる。

トップス7,000円、キャミソール1万円、パンツ9,500円(以上ダンスキン/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

できる人は…手をつく位置を高くすると、大胸筋の下部が伸びる。逆に上部を集中的に伸ばしたい時は、腕を低めの位置に。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。