からだ

間違った座り姿勢が不調のもと?究極の座り方で、肩こり・腰痛改善。

  • 撮影・中島慶子 スタイリング・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・Asami イラストレーション・大庫真理 文・板倉みきこ

不調を生んでいるのは、こんな座り方

座り姿勢を大きく分けると、男性に多い猫背(1、2)、女性に多い反り腰(3、4)の2グループになる。

4つの姿勢がどんな体調不良を招きやすいかも分析。普段の自分を省みる参考に。

1.猫背座り

背中が丸まり、顔の位置が体の重心より前に出た状態。両肩を前に巻き込むことが多い(巻き肩)。パソコンのマウス操作やスマホを使用する際になりがち。

\こんなトラブルに注意/
【ストレートネック】【肩こり】【首こり】【手足のしびれ】

2.背中座り

電車の座席でスマホに熱中する男性に多い座り方。背中から腰にかけて丸くなり、背中に重心を置く。低いパソコン画面に目線を合わせようとするとなりやすい。

\こんなトラブルに注意/
【腰痛】【椎間板ヘルニア】【肩こり】【首こり】【背中のこり】

3.スフィンクス座り

上体を前傾させ、体重は主に肘で支える。腰というよりは背中をグッと反らし、両肩が上がった状態になる。ノートパソコンを使用している女性に多く見られる。

\こんなトラブルに注意/
【頭痛】【首こり】【肩こり】【背中のこり】【肩甲骨間部痛】

4.チョコン座り

深く椅子に座ると足が浮いてしまうため、浅く腰掛けるパターン。前傾した体重を足の付け根と坐骨で支えないと姿勢を維持できず、そけい部やもも裏に圧がかかりやすい。

\こんなトラブルに注意/
【足のむくみ】【だるさ】【背中のこり】【胃下垂や便秘】

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。