からだ
くらし

“エア縄跳び”や消費カロリー計測など、健康管理ができる6つのデジタルグッズ。

使いたい便利なガジェット、知っておくべきデジタルライフの心得。最新情報を揃えました。
  • 撮影・中島慶子 

テクノロジーの力を最も活用できるのは、実は健康ケアかも? 測定値の管理や体調チェックが楽々、これなら続けられそう。

本体で消費カロリーと歩数を、スマホで詳細データを確認。

ウエストに装着して、日々の消費カロリーを計測。専用アプリをダウンロードしたスマホを本体にタッチすると測定値をグラフ化してくれる。色はほかにビビッドピンク、ライトピンク、ブラック。活動量計 デイカロリ EW-N K63 3,740円 ※編集部調べ(パナソニック TEL.0120-878-697)

エクササイズの 場所を選ばない “エア縄跳び”。

跳んだ回数と、消費したカロリーが計測できる縄跳び。室内では写真のようなごく短いロープで安全に使える。タニタサイズ カロリージャンプ TS-960 2,178円 ※編集部調べ(タニタ TEL.0570-099655)

大切な人に贈りたい。日中、気になった時にいつでも血圧測定。

常時手首に装着できる血圧計、HeartGuide。専用アプリ「H eartAdvisor」で測定データを管理。測定可能手首周は18~19cm。オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900T-M 8万7780円(オムロン ヘルスケアストア TEL.0120-14-6606)
画面を切り替えれば、スタイリッシュな腕時計として日常使いできる。

見えない空気の質にも気を配り、健康で快適な生活を。

9種類のセンサーを搭載した、室内用空気品質監視モニター。気温や湿度、CO、CO2、PM2・5、オゾンなどを計測、スマホに通知してくれる。uHoo(ユーフー) 3万9800円(フォーカルポイント TEL.045-264-8841)

職場や旅先でも。リモコン不要のマッサージ器。

慢性的なコリを持つ人に人気の低周波治療器「ふかもみ」シリーズに、スマホで操作できる商品が登場。無線なので肩はもちろん、足裏などにも使いやすい。スマート低周波 1万2291円(カタログハウス TEL.0120-164-164)

ただ装着するだけで、過食や運動不足を教えてくれるベルト。

バックルに埋め込まれた磁気センサーで、ウエストサイズをリアルタイムで計測。歩数や着席時間もカウントする。写真のソフトベージュのほか、ブラック、ダークブラウン、バーガンディも。スマートベルト WELT GL 2万900円(プラススタイル https://plusstyle.jp/)

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。