からだ

足の専門病院に聞いた。かかとの乾燥の原因と徹底ケア。

冬になると深刻化する、すねとかかとの乾燥。繰り返さないためには原因と対策を知ることが大切です。早速今日から正しいお手入れを! 下北沢病院院長の菊池 守さんにお話を伺いました。
  • 撮影・土佐麻理子 文・鈴木智子 イラストレーション・イオクサツキ

[かかとの乾燥]

他の部位と構造が違う足の裏は、角質化しやすく乾きやすい。

見てがっかり、触るとなお気分が落ちるかかとの乾燥。それはかかとの構造にも理由があるという。

「かかとを含む足の裏はほかの部位の皮膚と構造が違います。ほかの部位の角質の厚さが約0.1ミリなのに対し、かかとは約1.5ミリと分厚く、その分乾燥しやすい。それに体重を支える場所でもあるので、肥大化しやすく角質が固くなりやすいのです。また、毛穴や皮脂腺はなく、汗腺が多いため、汗をかきやすい。汗は水分の蒸発を促すのでこれも乾燥の要因に」

冬はブーツを履くことも多い。蒸れるとさらに汗をかき、水分の蒸発が増えてしまう。また、

「加齢により、汗腺の密度が低下し、皮膚が薄くなり、ターンオーバーが低下し、コラーゲン繊維の肥厚などで足の脂肪が失われて弾力がなくなる。これらも乾燥などのトラブルにつながります」

かかとはエイジングが顕著に表れるパーツ。予防には構造に合わせたケアを習慣化させることが大事。

「固いかかとはまず溜まった角質を除去し、保湿剤が浸透しやすい状態にします。そのうえで、すねと同様、化粧水でうるおし、専用のクリームで保湿を。角質化が進んでいる場合は代謝を促す尿素配合のクリームがいいでしょう」

今後は角質が溜まる前に、2週間に1度の頻度で角質ケアをプラスして。

「ケアが不充分だと角質はどんどん固くなります。角質ケアと保湿である程度の弾力を維持できるので、お手入れは怠らないよう心がけましょう」

足の裏の角質層はこんなに厚い。

無毛皮膚
有毛皮膚

上が足の裏。体の中で最も角質層が厚いといわれる。さらに、年齢を重ねるごとに表皮部分が固くなり、脂肪が失われていく。

角質を優しく除去するスムーザー&スクラブ。

天然原料のみの大小スクラブがかかとの角質を優しく除去。カモミールなどの天然エキスが皮脂の少ないかかとをうるおす。パミスフットスクラブ 75g 2,900円(ニールズヤード レメディーズ TEL.0120-316-999)
砂と貝殻を採用したローラーヘッドがかかとの角質をソフトに取り除く。ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー 海洋ミネラル 1,800円*編集部調べ(ドクター・ショールお客様相談室 TEL.0120-634-434)

しっかりうるおう、かかと専用の保湿剤。

天然保湿成分のオリーブオイルやスクワラン配合でうるおいをたっぷり与えるかかと専用保湿剤。スティックタイプなので塗りやすく、いつでもケアが可能。なめらかかとスティック 30g 730円(小林製薬 TEL.0120-5884-06)
角質をケアするサリチル酸とフルーツ酸を配合。固くなったかかとを柔らかくなめらかに整える。ペパーミント、ラベンダーなどのエッセンスによるアロマも特徴。フットリリーフ 125ml 3,200円(アヴェダ TEL.0570-003-770)

こちこちにひび割れたかかとには尿素入りを。

乾燥して固くなった皮膚をやわらかくして素早く保湿。ソフトな使い心地でなじみもいい。ヒアルロン酸、スクワランも配合。指定医薬部外品。尿素10%クリームチューブ 60g 500円(資生堂 TEL.0120-81-4710)
かかとの角質層にもしっとりなじんでうるおわせる尿素誘導体15%配合のクリーム。ベタつかず、ケアもしやすい。ドクター・ショール かかと用保湿クリーム 70g 800円*編集部調べ(ドクター・ショール)
尿素を20%配合したなめらかな肌触りが特徴。こちこちになったかかとを正常なやわらかさに。抗炎症成分、血行促進成分も配合。フェルゼア HA20クリーム 80g 1,680円(ライオン TEL.0120-556-913)

水分・油分をたっぷり補給するのが、かかとケアの基本。

1.まず化粧水でしっかり水分補給。手に化粧水を取り、かかとになじませる。化粧水は角質を柔軟にして、次につけるクリームの浸透をサポートしてくれるので必ず。
2.たっぷりの量でかかとをパック。通常のケアでは指のひと関節分が目安だが、パックをする際はクリームの量を多めに。かかとは角質が厚く皮脂膜が作れないのでしっかり保湿を。
3.かかとを包むようにして塗布する。クリームをのばし、かかとを包むようにしてくるくるとマッサージしながらなじませる。ひび割れ部分にもしっかり入れ込んで。
4.ラップで特別ケアするのも効果的。クリームを塗ったらラップで覆って浸透させ、効果をアップ。寝るときはラップを取り、口ゴムのきつくない靴下を履いてそのまま保湿。

菊池 守(きくち・まもる)さん●下北沢病院院長。日本初の足の総合病院院長として国内では少ない足病学の普及に尽力。著書に『100歳までスタスタ歩ける足のつくり方』(アスコム)が。

『クロワッサン』1010号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。