くらし
ニュース

【青木武紀さんの場合】家庭円満の夫に聞く、捨てられない極意。

  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

お互いに「パパ」「ママ」とは呼び合わないようにしている。

今年の10月、銀座のギャラリーで行われた桜沢さんの原画展にて。今でも恋人同士のような2人。

とはいえ、特に子どもが小さいうちは、子育て中にストレスを感じる時が全くなかったわけではない。
「だから、子どもが小さいころでも、時時は妻と2人の時間を確保していました。妻の母に預けて、2人でランチやお茶に出かけたり。たまには夜、バレエや歌舞伎を見に行ったりもしました」
子どもが2人生まれても、父と母としてではなく、夫婦として向き合う時間を持つ。そんな青木さんと桜沢さんは、お互いのことを「パパ」「ママ」とは決して呼ばない。
「今も昔のまま、“エリ”“タケ”って呼び合っていますね」

結婚して18年。ケンカはたまに、子どもに関することでするくらい。会話の量も減っていない。
「彼女は頭が良くて深みのある人だから、自分とは違う切り口の考え方を聞くのが楽しいんです。話題は何でも。政治やカルチャー、お互いに関心のあること。話していて飽きませんね」

最近は、子どもから手が離れ、時間ができるようになったため、時々友人の仕事を手伝うように。久しぶりに外で仕事をする楽しさを実感した。
「今、我が家はちょうど転換期。僕も50歳を目前にして、手に職を付けようと考えてるんです。毎日、妻をマッサージしているうちに身体への関心が湧いてきたので、そういう仕事をしてみたい。東洋医学の本も読んでいるところです。妻も後押ししてくれています」

将来、子どもたちが巣立ったら、妻と泊まりがけの旅行をしたい。自分の趣味の登山にも連れて行きたい。夫婦の形が新たなステージを迎えつつある今、青木さんの頭の中は、やってみたいことでいっぱいだ。

青木武紀(あおき・たけのり)●主夫。1968年、長野県生まれ。東京・西麻布のクラブ店長兼DJを経て漫画家の桜沢エリカさんと結婚。著書に『青木パパの育児伝説』(祥伝社)。

『クロワッサン』964号より

1 2

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE