からだ
ニュース

冬のこわばりがちな肌は、オイル美容液で和らげる。

  • 撮影・青木和義 文・石塚覚子

週に一度は、ピュアオイルと蒸しタオルで心と肌のメンテナンス。

女性ホルモンの分泌の低下で、肌や気持ちが不安定になりがちな大人には、香り高い精油をブレンドしたピュアオイルでのお手入れがおすすめだと永富さんは話す。
「ピュアオイルは肌だけでなく、気持ちや体調のムラにもアプローチします。ゆっくりと時間をかけて、自分を慈しみながらぜひ使ってほしいですね」

一方で、日々のケアのなかでピュアオイルの効果を堪能する余裕がない、後肌の感触が苦手という人も。
「週に一度、余裕のあるときだけでもいいんです。ピュアオイルの実力を充分に実感するために、ピーリングで古い角質をオフした肌にオイルをたっぷりのせ、さらに蒸しタオルでオイルの浸透を促し、アロマ効果を最大限に引き出す。こんな使い方なら、無理なく楽しめますよ」

(左から)
やわらかな香りで包み込み、敏感肌にも輝きを。デ・マミエール フェイシャルオイル センシティブ 20ml 1万5000円(エスシーコスメティクス TEL:0120-936-916)

心身のバランスを整えるローズやネロリを配合。セルフビューティーオイル フェイスオイル 30ml 6,400円(アロマドゥース TEL:03-3470-9854)

深いリラックスをもたらす爽やかな香り。フランキンセンス フェイシャルオイル 30ml 6,700円(ニールズヤード レメディーズ TEL:0120-554-565)

なめらかなクレイが古い角質や汚れをオフ。鎮静、柔軟効果を持つプリムローズのエキスを配合。ジェントルピーリング 50g 4,200円(クラランス TEL:03-3470-8545)

永富流スペシャルケアでふかふかの肌に。

1.やや多めのオイルを手にとり、浸透を高めるために両手を合わせて人肌になるまで温める。

2.指先でこめかみを押さえ、顔の中心から外側へ指の腹でらせんを描いて全体につける。

3.頬を軽く引き上げ、つけ逃ししやすい小鼻のワキに薬指の先でくるくるオイルをつける。

4.濡らして絞ったタオルを電子レンジ(500W)で30秒温め、冷めるまで顔にのせる。

永富千晴(ながとみ・ちはる)●美容ジャーナリスト。美容感度の高い女性が集まる会員制コミュニティclub C.主宰。本誌をはじめ、多くの女性誌やインターネット媒体での執筆、トークイベントなどで活躍中。

『クロワッサン』962号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。