見ているだけでも元気になる!家で作れる世界の朝ごはんvol.1 | ニュース | クロワッサン オンライン
ニュース

見ているだけでも元気になる!
家で作れる世界の朝ごはんvol.1

モロッコの、ペルーの、台湾の朝食が想像できますか? 世界の朝ごはんに出合えるお店を取材し、日本のキッチンでも作れる世界の朝ごはんレシピを教えてもらいました。朝から旅気分を味わえます。

「朝ごはんには、その国の個性や文化がよく表れるんです」と話すのは、『ワールド・ブレックファスト・オールデイ』のオーナー、木村顕さん。

同店では2カ月ごとに国を変えて、世界各国の朝ごはんのメニューを展開している。もともと古民家宿を運営していた木村さんは、外国人の宿泊客とコミュニケーションを図るなかで、各国の朝食事情に興味を持ったそう。

「たとえば『日本の文化を教えてください』ときかれても上手に答えられないけれど、『日本はどんな料理を食べているの?』ってきかれれば答えられますよね。食の話題は興味深いと思い、話しかけているうちに朝ごはんは特徴的だから、とくに会話が盛り上がったんです」

日本で梅干しや納豆を食べているように、伝統的な朝ごはんにはクセのある食材が登場することが多かったり、食べ方や買い方などの習慣がはっきりしていたり。遠い国のリアルな暮らし、歴史や文化を、日本にいながら感じられるのが「朝ごはん」のおもしろさ。

「外国料理店へ行っても、朝ごはんのメニューは食べられないことが多いんです。というのも、家庭料理だから、わざわざ店で出さないんですね。当然、レシピも出回っていないので、各国の大使館などにご協力いただき一から作りました。かなり現地の味が再現されていますので、旅行気分で楽しんでみてくださいね」

モロッコ

絨毯に座り、手で直接食べる。飲み物はミントティーが人気。
絨毯に座り、手で直接食べる。飲み物はミントティーが人気。
ベルベルオムレツはクミンをきかせたトマトソースに卵を落とすのが、先住民族の味。
ベルベルオムレツはクミンをきかせたトマトソースに卵を落とすのが、先住民族の味。写真右上から時計回りにモロッカンサラダ、ムサンメン、バグリール、ベルベルオムレツ
「ベルベルオムレツ」は先住民族であるベルベル人の伝統料理。モロッコではタジン(鍋)で作ることが多い。「ムサンメン」は四角いクレープ、「バグリール」は小さなパンケーキで、ともにセモリナ粉が原料。「モロッカンサラダ」にはきゅうりとトマトを使っている。
作り方(1人分) フライパンにオリーブオイル大さじ1をひき、玉ねぎのみじん切り¼個分、ハリサ*適量を入れて炒める。玉ねぎが透き通ったら、トマトのすりおろし約⅓個分を加え、クミンパウダー・パプリカパウダー・黒胡椒・塩各少々をふり、弱火で10分ほど煮る。水分がとんだら卵1個を割り入れ、半熟になるまで煮る。
*ハリサ・・・唐辛子のペースト。フランスではアリッサともよばれる。


 

台湾

家では作らず、朝食専門店などで外食するか、テイクアウトが基本。
家では作らず、朝食専門店などで外食するか、テイクアウトが基本。写真右上から時計回りに飯団(ファントワン)、蛋餠(ダンピン)、鹹豆漿(シェンドウジャン)
シェンドゥジャンはお酢を加えてとろみをつけた、具だくさんの豆乳スープ
シェンドゥジャンはお酢を加えてとろみをつけた、具だくさんの豆乳スープ
干しえびやザーサイの風味がおいしい「鹹豆漿(シェンドゥジャン)」。昔はポピュラーだったが、今の若い世代にはほとんど食べられていない。小麦粉の皮と卵焼きを重ねて焼いた「蛋餅」や、台湾版のおにぎり「飯団」など、屋台で買って食べ歩きができるメニューが人気だ。
作り方(作りやすい分量) ザーサイはみじん切りにして砂糖をふって炒める。干しえびはフライパンでから煎りする。青ねぎ少量はみじん切りにする。しょうゆ4:酢4:ラー油1の割合で合わせ調味料を作る。器に温めた豆乳を注ぎ、合わせ調味料・ザーサイ・干しえび各大さじ1を入れて混ぜ、ねぎと油条*2切れをのせる。
*油条(ヨウティアオ)・・・台湾の揚げパン。


 

ペルー

ペルーの人は脂っこい肉が大好き。サルサと合わせて、さわやかに。
ペルーの人は脂っこい肉が大好き。サルサと合わせて、さわやかに。写真右上から時計回りにサツマイモ、白パン、タマル、サルサ・クリオージャ、チチャロン
チチェロンは下ゆでしたかたまり肉をカラリと揚げたもの。朝からしっかり。
チチェロンは下ゆでしたかたまり肉をカラリと揚げたもの。朝からしっかり。
「チチャロン」は、「サルサ・クリオージャ」やサツマイモのチップスと一緒に、パンにはさんで食べるのが最近のペルーのスタンダード。トウモロコシ粉で作ったちまきの「タマル」も朝ごはんの定番で、家庭ではほとんど作らずにタマル売りから買って食べている。「ベルベルオムレツ」は先住民族であるベルベル人の伝統料理。モロッコではタジン(鍋)で作ることが多い。「ムサンメン」は四角いクレープ、「バグリール」は小さなパンケーキで、ともにセモリナ粉が原料。「モロッカンサラダ」にはきゅうりとトマトを使っている。
作り方(1人分) 豚バラかたまり肉60~70gに、塩・にんにくのすりおろし・ピスコ*各少々をすり込む。鍋に入れ、
ひたひたの水を加えて強火にかける。沸騰前に弱火にし、水がほぼなくなるまでアクを取りながら煮る。水分をふきとり、たっぷりのラードで揚げる。
*ピスコ・・・ペルー産のぶどうを原料とした蒸留酒。


◎ワールド・ブレックファスト・オールデイ 東京都渋谷区神宮前3-1-23 1F 7時30分〜20時(ラストオーダー19時30分)

『クロワッサン』924号(2016年5月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE