くらし

れんこんときのこの白ごま坦々スープ【スープ作家・有賀薫さんのレシピ】

豆やごま、海藻は汁ものにも向いている素材。華やかなごちそう風から数分で作れるお助けスープまで、毎日食べたい有賀 薫さんのレシピを紹介します。
  • 撮影・三東サイ スタイリング・矢口紀子

材料は野菜だけ。ねりごまと すりごまで満足感いっぱい。

れんこんの歯ごたえも楽しいスープ。このままでもかなりお腹いっぱいになるけれど、さらにボリュームアップを望むなら野菜を炒める段階で挽き肉を加えて。

【材料(2人分)】
ねりごま大さじ1 白すりごま大さじ1 れんこん150g しいたけ4~5個 長ねぎ20cm しょうが1かけ 味噌大さじ2 ごま油大さじ1 糸唐辛子、パクチー各適宜

【作り方】
1.
長ねぎ、しょうが、しいたけはみじん切り。れんこんは縦半分に切り、7~8mmの薄切りにして水にさらしておく。
2.フライパンを熱し、ごま油を入れて長ねぎとしょうがを軽く炒め、しいたけも加えて炒める。ねりごまを加え、水500mlを少しずつ加えてのばす。
3.れんこんの水気を切って加え、4~5分煮る。味噌を溶き入れ、白すりごまを加える。器に盛り、好みで糸唐辛子とパクチーをあしらう。

有賀 薫(ありが・かおる)●スープ作家。著書に『スープ・レッスン』など。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で第5回料理レシピ本大賞入賞。

『クロワッサン』997号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。