くらし

もずくとオクラの冷たいスープ【スープ作家・有賀薫さんのレシピ】

豆やごま、海藻は汁ものにも向いている素材。華やかなごちそう風から数分で作れるお助けスープまで、毎日食べたい有賀 薫さんのレシピを紹介します。
  • 撮影・三東サイ スタイリング・矢口紀子

このネバネバ感がいかにも身体に良さそう!

あっさり美味しい、暑い夏を乗り切るならこんなスープ。よく冷やして、もりもり食べて。

【材料(1人分)】
オクラ4本 なす1個 味付きもずく1パック 昆布かつおだし1カップ 醤油小さじ1

【作り方】
1.
なすは8mmの角切りに
し、塩水(水500mlに塩小さじ2が目安)に約10分つけてざるに上げ、キッチンペーパーなどで水気を取っておく。
2.1のなすと、薄切りにしたオクラ、味付きもずく、だしを混ぜ、味を見ながら醤油を足し、冷蔵庫でよく冷やす。

有賀 薫(ありが・かおる)●スープ作家。著書に『スープ・レッスン』など。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で第5回料理レシピ本大賞入賞。

『クロワッサン』997号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。