くらし

黒豆と豚肉とトマトのスープ【有賀薫さんのレシピ】

豆やごま、海藻は汁ものにも向いている素材。華やかなごちそう風から数分で作れるお助けスープまで、毎日食べたい有賀 薫さんのレシピを紹介します。
  • 撮影・三東サイ スタイリング・矢口紀子

黒豆の甘さがトマトの 酸味と合い、深い味わいに。

市販の黒豆の甘煮を使用、手軽に作れるスープ。煮豆の甘さがトマトの酸味と出合うことで深いコクに変わります。仕上げにたっぷりの黒胡椒を振って、ピリリと引き締めて。

【材料(2人分)】
黒豆甘煮100g 豚ロース厚切り肉2枚(200g) 玉ねぎ1/2個 トマト缶1缶 オリーブオイル大さじ2 塩適量 黒胡椒小さじ1(できれば粗びき)

【作り方】
1.
玉ねぎは1cmの角切り、豚ロース肉は1.5cm角ぐらいに切る。
2.鍋に玉ねぎとオリーブオイルを入れ、中火にかけて2分ほど炒め、豚肉を加えて焼きつける。肉の表面が白っぽくなったらトマト缶を手でつぶしながら汁ごと加え、汁気を切った黒豆甘煮、塩小さじ1と水200mlも加える。
3.15~20分ほど煮込み、味を見て塩で調え、最後に胡椒を振り入れる。

有賀 薫(ありが・かおる)●スープ作家。著書に『スープ・レッスン』など。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で第5回料理レシピ本大賞入賞。

『クロワッサン』997号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。