くらし

ことごとく、白はぜいたくを要求する――編集部

1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、巻頭のファッション特集から「白」の魅力を味わいましょう。
  • 文・澁川祐子
1978年4月号「もっと白を取り入れたい。」より

ことごとく、白はぜいたくを要求する――編集部

春を迎えたファッション特集では、「白」がテーマ。白いシャツはもちろん、白いジャケットに白いプリーツスカート、真珠のネックレスに白いヒール。白にあふれるグラビアページが巻頭を飾っています。

グラビアに続いては、「’78年型”白”の三つの傾向 フランス風の魅惑的な白の演出法」と題する、フランス『ELLE』誌との提携記事。白×青、白×花柄、白×暖色という、インテリアでの「白」の取り入れかたを紹介しています。

白を前面に押し出したファッションを身に着けるのは、なかなか勇気がいるもの。<白を白として着ている人は少ない>と指摘しているように、白シャツなどほかの色や柄のものと組み合わせを考え、無難な色として選んでいるにすぎない人がほとんどでしょう。

そのうえ、白はちょっとした汚れが目立ちやすいのが難点。心にも余裕がなくては身に着けられないから、<ことごとく、白はぜいたくを要求する>というわけです。しかしそれは、逆に白を意識的に取り入れることで、ちょっとした贅沢気分を味わえるということを意味しています。

見出しには<キザに着てこそ、白は生きる>、<白は、いちばん心を映す色だ>などと、ほかにも名言として選びたいぐらいの名コピーがちりばめられています。あえて「白」を推すところに、新しい価値を提案したいという編集部の意気込みが伝わってくる誌面でした。

※肩書きは雑誌掲載時のものです。

澁川祐子(しぶかわゆうこ)●食や工芸を中心に執筆、編集。著書に『オムライスの秘密 メロンパンの謎』(新潮文庫)、編著に『スリップウェア』(誠文堂新光社)など。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE