くらし

【和田裕美のお悩み相談】いいかげんなクライアントのハンドリング方法は?

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は、仕事の進め方に問題があるクライアントに悩むフリーランス女性からの相談です。

<お悩み>

こんにちは。仕事のことで相談させてください。
以前、ITベンチャー企業であくせく働いていて、今はフリーランスとして仕事をしています。
ベンチャー時代は本当に忙しく、毎日文化祭の準備のような慌ただしさで、始発で会社に行き、終電で帰るような毎日でした。そんな日々だったので、同期とはとても仲が深まり、辞めた今でもお付き合いがあったり、仕事を振ってくれたりしてくれます。

しかし、仕事を振ってくれるのはいいのですが、進行が甘かったり、大事なミーティングに遅刻してきたり……! その時は怒ったり、改善点を提示しますが、忘れた頃に同じことをしてくるので、どうしたらいいのか。 私が舐められているせいだとは思いますが、対私だとしても、仕事は仕事なのできちんとやってほしいのです。

舐められていることにもムカついていますが、100歩譲って、もらった仕事とは言え、私が彼らをハンドリングすべきでしょうか? 彼らとは仕事しなければいいのでは? とも思いますが、まだ続いているプロジェクトもあり、困っています。
(相談者:タン塩/女性/フリーランスの30代前半。)

和田裕美さんの回答

なるほど、タン塩さんはかなり仕事のできる方なのかなと思います。
そして仕事熱心で真面目、ああ、すばらしい、うちで働きませんか?
……と話が逸れてごめんなさい。
つまり、お仕事ができる人はどうしても
「自分の基軸」がしっかりしているのでその「軸」から外れてしまう人が
いたら、すごくしんどくなってしまうはずです。
たしかに「遅れてくる」「進行が甘い」なんてプロとしてありえないし
タン塩さんが怒っても当然です。
けれど、怒って注意しても“忘れた頃に同じことをしてくる”のですから
これはなかなか治りません。
タン塩さんがハンドリングして回りそうですか?
目的は「クライアントがハッピーになる」ことなので
その方たちが、きもちよくそれでもいいよ!と
言ってくれるならいいと思います。

ということで
ハンドリングする場合

 「スケジュールとか、細かいところの雑務もかねて 
  みなさん忙しいかと思うので、私が担当させてもらっても
  いいですか?でもあくまでも中心は●●さんたちなので
  あくまでも裏方としての立ち位置です」

みたいに相手が「嬉しくなるような」言い方がいいかなと思います。

あとは……
これは仕事ができる人の宿命で
イライラしたりするのは仕方ないんです。
人にはそれぞれの役割があるので、なんとかカバーしながら
お仕事くれてありがとう!という気持ちを忘れずに
折り合いつけてやるとかです。
もしかしたら「他の人でもいいけど彼女に仕事あげたいよね」という
やさしさがあり、だからこそ家族的な甘えが出る。
相手からのお仕事を頂ける「やさしさ」と「甘え」は、
セットでもらったものなんだ!と受け入れると
なんだか楽なんですよね。がんばってくださいね。

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界№2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。最新刊は『稼げる技術』(ダイヤモンド社)。
⇒ 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。