くらし

【松尾たいこさんの贈りもの】贈った相手が手間なく、おいしく口にできる品を。

お礼の品でも手みやげでも、贈るときには相手の心に響くものを選びたい。おいしいものに詳しく経験豊かな皆さんに贈る気持ちの込め方も含めて聞きました。
  • 撮影・小川朋央 スタイリング・矢口紀子 文・河野友紀
イラストレーター 松尾たいこさん

「私自身がまず、食べることが大好き。ですから、おいしいものに出合うと、それを人に伝えたい、食べてほしい!と思う。それが私の、手みやげ選びの出発点だと思いますね」
そう語るのは、イラストレーターの松尾たいこさん。おいしさの次に大切にしているのは、もらってすぐ気軽に食べられるものであること。
「特に年上世代の方々にとって、手間をかけずに口に入れられるって、すごく有意義。“みそポタ”は常温で保存ができ、パックのままレンジにもかけられる。体に良い味噌を気軽に摂れるという点で、使い勝手の良い一品です」
あれこれ準備せずに食べられるというのは、ホームパーティ向け手みやげでも同様。カップ入りのアイスクリームであれば、器を出すことなくスプーンだけ用意すればすぐ食べられる。
「『フレグラス』のバラのアイスクリームは、別添えのバラのコンフィチュールをかけるという演出があるので、カップのままでも充分パーティ向きに」
また、個展のオープニングには、いちごの発泡酒“ミガキイチゴ・ムスー”を持って行くことが多い。
「女性が好みそうな愛らしい色と、甘い香り。でも飲み口は意外とスッキリ。パーティを盛り上げるのにぴったりな、私の定番の一本です」

年上の方へのお礼として

MISO POTA KYOTOのみそポタ
京都に実店舗がある、味噌を使ったポタージュ専門店。上は、とうもろこし、豆乳、玉ねぎの“なごみの黄”。「私も常備しています」
常温みそポタスープギフト 7袋入〈7種 各200g〉 5,000円(MISO POTA KYOTO TEL:0120-920-643)

個展のオープニングなどには

GRAのミガキイチゴ・ムスー
宮城県・山元町のいちご100%のスパークリングワイン。「東日本大震災後、復興の柱にと始めた事業だということも心に響きます」

ミガキイチゴ・ムスー 720ml 専用化粧箱つき 3,500円(GRA TEL:0223-37-9634)

自分も参加するパーティに持参

FRAGLACEのバラのアイスクリーム
国産の食用バラを使った特製のコンフィチュールをかけ、花の香りを味わうアイスクリーム。「ふわっと広がる芳香はまさに愉悦です」

バラのアイスクリーム 100ml 6カップ入り 5,000円(FRAGLACE TEL:03-4540-4271)

松尾たいこ(まつお・たいこ)●イラストレーター。新著に『部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術』(扶桑社)が。

『クロワッサン』985号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE