くらし

銀座で名店のスイーツめぐり。定番からニューフェイスまでをご紹介!

ジャンルを超えて進化する東京スイーツの〝今〟を、3人の目利きが隈なくチェック!
  • 撮影・青木和義 構成&文・中條裕子

教えてくれた人

●齋藤優子(さいとう・ゆうこ)さん
フードライター

東京や京都エリアから全国までアンテナを張り、本誌はじめBRUTUS、ananなどの雑誌やwebでフード、スイーツ中心に執筆。

●真野知子(まの・ともこ)さん
ギフトコンシェルジュ

ハレの日はもちろん、多彩なシーンでのギフトを提案。雑誌での連載やテレビ、ラジオ出演、催事企画、審査員など多岐にわたり活動中。

●chico(チコ)さん
スイーツライター&コーディネーター

anan、Hanakoなどの女性誌やwebの執筆、テレビの特集監修、コメント、ECショップの商品監修など、スイーツにまつわる活動を多彩に展開。

時には銀座をぶらりとしながら、名店のスイーツめぐり。

長く愛され続けてきたスイーツの名店があちこち点在する街、銀座。
隠れた人気定番から新しく登場したニューフェイスまでをご紹介!

銀座ウエストの「モザイクケーキ」

432円。

●見かけると思わず手が伸びてしまう不動の味。

ココアとバターのスポンジが組み合わさった、長年人気NO.1のケーキ。「リーフパイなどが有名ですが、私はこちらも好き。間をつなぐバタークリームには、生クリームにはないコクと味わいがあります」(齋藤さん)。

●東京都中央区銀座7・3・6 
TEL.03・3571・1554
営業時間:9時〜22時(土・日・祝8時〜20時)
無休 
青山ガーデン、赤坂店、ベイカフェ ヨコハマ 横浜髙島屋にても購入可。

銀座千疋屋の 「銀座アップルクーヘン」

1,728円。

●ころんと丸いバームクーヘンから、甘酸っぱいりんごが現れる楽しさ。

ふじりんご丸ごと1個をバームクーヘンで包み込んだ、かわいらしい見た目にファンも多い。「甘酸っぱいりんごとしっとりした生地は食べ飽きないおいしさ。りんごのような丸型バームから本物が現れるのも楽しい」(齋藤さん)。

東京都中央区銀座5・5・1 1F
TEL.03・3572・0101
テイクアウト営業時間:11時〜19時(土・日・祝〜18時)
年末年始休
オンラインでも購入可。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/ginza-sembikiya/

MATSUZAKI SHOTENの 「松﨑ろうる」

385円。

●カラフルな白玉が目にも楽しい新感覚スイーツ。

昨夏に店舗が移転して初お目見え。「柔らかい瓦せんべいで白玉やあんこを包んだお菓子。あんこは『ぎんざ空也 空いろ』のもの。白玉は天然色素。おせんべいの香ばしさ、白玉の米の優しい香りをあんこが包み込みます」(chicoさん)。

東京都中央区銀座4・13・8
TEL.03・6264・6703
営業時間:10時〜19時 無休

資生堂パーラー 銀座本店ショップの「ガトー クレーム オ ブール」

縦・高5.5×横12cm 2,160円。

●銀座本店のみに毎日限定で並ぶ究極のバターケーキ。

「ロゴのデザインがおしゃれ。りんごと紅茶の香りが華やかな印象です」(chicoさん)。中の生地にはりんごのシロップ煮とキャラメルショコラを重ね、紅茶が香るバタークリームで包み込んだ。

東京都中央区銀座8・8・3
TEL.03・3572・2147
営業時間:11時〜20時30分
年末年始休
銀座本店ショップのみで数量限定販売(配送不可)。電話予約可。

銀座凮月堂の「上生菓子」

風味と粘りが特徴の薯蕷(じょうよ)練切は左から、栗甘露煮入り〈豊の秋〉、こし餡を包んだ〈秋袷(あきあわせ)〉各480円。

●細やかな細工で季節を写した、作りたての和菓子。

「こちらは茶房でも提供されているもので、和菓子職人さんが一つずつ作り上げてくれるとても美しいお菓子です」(真野さん)。

東京都中央区銀座6・6・1
TEL.03・3571・2900
営業時間:11時30分〜17時30分
月曜休
事前に電話予約して店頭受け取り。

『クロワッサン』1079号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。