くらし

近場で非日常体験。『横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ』高層階のクラブフロアに潜入!

2017年にオープンした『横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ』のクラブフロア。シェラトンブランドの最高峰だという「シェラトンクラブ」ってどんな雰囲気? 気になるラウンジや客室を写真たっぷりでレポートします。
  • 写真・文 クロワッサンオンライン

あ〜、旅行に行きたい……でも休みがない、なんてときは普通なら日帰りするような町に泊まってみるのもいいですね。今なら、横浜駅西口から徒歩1分、『横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ』もおすすめステイ先のひとつ。この秋開業20周年を迎え、これを記念して来年3月31日まで記念の宿泊プランやレストランプランが用意されているんです。

さらにワンランク上の非日常を目指すなら、2017年にオープンした「クラブフロア」へのステイも検討を。専用ラウンジや高層階ならではの眺め、こだわりのインテリアなどがさらに旅気分を盛り上げます。

チェックインをするのも、ラウンジに併設された専用のカウンター。すでにここから特別な旅!

センスの良いインテリア
仕事が捗りそうな眺めのいいカウンター席
デトックスウォーター
ティータイムのスナック
焼き菓子などもスタンバイ
センスの良いインテリア
仕事が捗りそうな眺めのいいカウンター席
デトックスウォーター
ティータイムのスナック
焼き菓子などもスタンバイ

横浜駅を見下ろすラウンジはインテリアも落ち着いていて上品。クラブフロア宿泊客なら、朝は朝食、ティータイムは軽食やお菓子、イブニングタイムにはオードブルとお酒などが追加料金なしで利用OK。眼下を走る京急線の電車に時折目をやりながら、PCで溜まった仕事を一気に片付ける、なんていう過ごし方も良さそう。

廊下もクラブフロアならではの高級感

ラウンジにずっといたい衝動を押さえて、客室へ移動。

約30cmの幾層にもなる特製マットレスのベッド。
バスタブも大きい。
絶景!
約30cmの幾層にもなる特製マットレスのベッド。
バスタブも大きい。
絶景!

客室のインテリアは木のぬくもりたっぷりのナチュラルテイスト。電源やUSBなどのメディアハブ、Bluetooth接続のスピーカーなどの設備も充実。24階~27階の高層階ならでは、横浜の眺めも楽しめ、部屋によってはベイブリッジが見えます。
和洋中とレストランのラインナップも豊富だし、クラブフロア宿泊客は、ホテル内の会員専用スポーツクラブも無料で利用できるので、もうずっとホテルにこもっていてもいいかな……という気持ちに。

近場トリップの良いところは、遠くに旅行したときに抱きがちな「あれもこれも見なければ!」という義務感から開放され、ゆったりできること。慰安のはずの旅行でぐったり疲れてしまった……という「あるある」は、横浜のようないつでも来れる場所のほうが回避できる気がします。(クロワッサンオンライン のぐぽん)

のぐぽん
『クロワッサン オンライン』ディレクター。戦国武将から昭和の名建築まで、ちょっと昔のものにときめきがち。痩せようと思って始めた筋トレなのになんだかガッチリ体型になってきたような…というのが最近の悩み。インターネットと連ドラと猫と旅行が大好きです。

⇒ のぐぽんの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。