くらし

物を買うとき、値をみて決めてはいけない――宮城昌康(競馬評論家)

1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、買いものの心得をお届けします。
  • 文・澁川祐子
1978年1月号「男の買物」より

物を買うとき、値をみて決めてはいけない――宮城昌康(競馬評論家)

昭和期に競馬予想で名を馳せた、宮城昌康さん(1932-1989)。買いものにまつわるエッセイコーナー「男の買物」に登場し、買いものをするたびに思い出すという父の言葉を紹介しています。その一部を抜きだしたのが、今回の名言です。

ちなみに父の宮城新昌氏は、渡米してカキの養殖技術を学び、日本で近代的カキの養殖を確立した人物。なお、姉には料理研究家の尚道子氏、食生活ジャーナリストの岸朝子氏がいます。

宮城さんが父からこの言葉を聞いたのは、小学校低学年のとき。父とふたりで野球道具を買いに行き、長時間迷ってようやく買いものをして帰宅したあとのことだったといいます。

<物を買うとき、値をみて決めてはいけない。まず欲しい物をみつけ、そのあとで値を見ればいいんだ。そして、その値が手に届かないものなら、思い切ってあきらめるんだね>

買いものに、値段はつきもの。しかし、最初から値段を気にしていては、本当に望むものを見失いがちだということです。安さに惹かれ、さほどほしくないものを買ってしまったり、本当は高いものがほしいのに安いほうで我慢して後悔したり。身に覚えがおおいにあります。

本当にほしいかどうかを見極めてから、値をみて判断する。値札をめくりたい気持ちを抑えるのはなかなかむずかしいですが、だからこそまず自分に問いかけてみることが、本当にほしいものを手に入れる秘訣なのです。

※肩書きは雑誌掲載時のものです。

澁川祐子(しぶかわゆうこ)●食や工芸を中心に執筆、編集。著書に『オムライスの秘密 メロンパンの謎』(新潮文庫)、編著に『スリップウェア』(誠文堂新光社)など。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。