くらし

【レシピ】アマニオイルにはインパクトの強いゴマやカレー粉を加えて、美味しいドレッシングに。

身体にいいのはお墨付きのオイルたち。その個性を引き立てるスパイスやハーブで、驚きの美味しさに出合えます。
  • 撮影・岩本慶三

【アマニオイル】個性的な香りが、ごまやカレー粉との出合いで奥深いコクに。

亜麻の種子(亜麻仁)から採った、別名フラックスシードオイル。「α-リノレン酸」を総重量の56%含み、またファイトケミカル「リグナン」の働きにより、更年期症状やPMS(月経前症候群)の不快な症状の改善にも効果があると言われている。良いことばかりのオイルだが、エゴマオイル同様に加熱調理には不向きなので、ドレッシング仕立てにして積極的に摂っていきたいもの。

「アマニオイルの特徴は、魚の脂に似た風味があること。同じくらいインパクトの強い風味を持つ花椒やカレー粉との出合いによって美味しいドレッシングになります」

魚っぽさが転じてコクになり、うま味に変わる。そのレシピの妙を堪能して。

(左)イタリアを代表するブランドの高品質なオイル。有機亜麻の低温搾油一番搾りのオイル。モニーニ オーガニックコールドプレスアマニオイル 229g 1,100円(明治屋 TEL:0120-565-580) (右)フランスをはじめ、ヨーロッパ各地からの有機亜麻の種子を使用。ビオプラネット オーガニックフラックスオイル 230g 1,800円(東京セントラルトレーディング TEL:03-6860-9915)

【中華ごまドレッシング】

すりごまに、ピリッとした辛さが後を引く花椒を利かせたドレッシング。味が濃いめで質感もしっかりしているので、合わせるものは左上写真のように白身魚のほか、蒸し鶏のサラダや春雨サラダ、パクチーサラダなど、ボリュームがあるものや個性がある食材がおすすめ。
「花椒はパウダーでもいいですが、可能であればホールタイプをすりつぶして使ってください。香りの高さが全然違います。冷凍庫で保管したら長持ちしますよ」

[材料] 
アマニオイル大さじ3 花椒(すりつぶす)少々 しょうゆ大さじ3 酢大さじ1・1/2 砂糖小さじ1 すりごま大さじ1・1/2

[作り方] 
全ての材料をよく混ぜ合わせる。

【カレードレッシング】

カレー風味とアマニオイルは好相性。アマニオイルの個性である、魚を焼いたときの脂のような香りが、カレーに包み込まれることでコクのあるドレッシングになる。ボイルしたイカやエビなどのシーフード、茹でたじゃがいもなどに添えれば、それだけでお腹が満足する、食べごたえたっぷりのサラダの出来上がり。
「刻んでカリカリに焼いた油揚げをトッピングしたサラダにかけても美味しいですよ」

[材料]
アマニオイル大さじ4 カレー粉小さじ1/2 白ワインビネガー大さじ2 しょうゆ小さじ1 砂糖小さじ1/2 塩小さじ1/4

[作り方]
全ての材料をよく混ぜ合わせる。

白身魚のカルパッチョサラダ

[材料・2人分]
白身魚の刺身用柵(真鯛など)100g みょうが1個 貝割れ菜1/3パック 青じそ4枚 赤ピーマン1/2個 中華ごまドレッシング適量

[作り方]
1. みょうが、青じそ、赤ピーマンは細切りに、貝割れ菜は根を落とし半分に切って全部合わせておく。
2. 白身魚の刺身は薄いそぎ切りにして皿に円形に並べ、真ん中に1をのせる。中華ごまドレッシングを回しかける。

松見早枝子(まつみ・さえこ)●料理研究家、ビューティレシピスト。身体によく美味しいレシピの提案に定評がある。著書に『雑穀、豆、野菜できれいになるレシピ』(文化出版局)など。matsumisaeko.com

『クロワッサン』973号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE