くらし

【紫原明子のお悩み相談】海外赴任中の彼と連絡がとれません。

『家族無計画』や『りこんのこども』などの著書があるエッセイストの紫原明子さんが読者のお悩みに答える連載。あなたもお悩みを投稿してみませんか?

<お悩み>
今年で26歳になる女性会社員です。
海外赴任中の彼氏からの連絡が一週間以上途絶えてしまいました。私はできれば今付き合っている彼氏とこのまま結婚したいと考えてますが、いきなりLINEの既読すら付かなくなってしまいました。
彼は今年の年末頃に帰国の予定ですが、26歳の一年間を無駄にしたくないので、婚活しようかと思います。
しかし、連絡の付かない彼の事が気になって仕方ありません。
(相談者:ちゃんはーさん/メーカー物流で配車職と法人営業をしている25歳の会社員。結婚歴はないです。 )

紫原明子さんの回答

ちゃんはーさんこんにちは。早速ですが、ちょっと聞いてください。

私の友人(男性)は昔バックパッカーをしていたそうです。彼にはもともと少し変わったところがあるので、バックパッカーといっても底辺も底辺、レジ袋にパスポートと少しのお金を突っ込んで、身一つで海外を転々としていたとか。特にアジアの僻地では嘘かマコトか、日本人がほとんどいないような一泊数百円の宿に泊まって全身にノミの襲撃を受けたり、10便に1便がテロリストの銃撃を受けるとされるバスに乗って遺跡を見に行ったりなどしていたそうです。そんな彼があるとき、旅先で恋をしたそうです。相手は同じ安宿に泊まっていた日本人。キラキラした瞳が印象的な彼女に彼はすっかり夢中になり、それからしばらくは一緒に色々な土地を訪れたそうです。しかし諸般の事情で彼の方が一足先に帰国しなければならなくなったそうで、「日本で待っているから」と彼女に約束し、彼は日本に戻りました。

海外にいる間は、この貧しさの中にこそ、不便な暮らしの中にこそ人間の真実がある、日本ではいかに煩悩まみれの生活を送っていたものかと感じていた彼ですが、帰宅し、自宅のシャワーの蛇口をひねるとしっかりした湯量の熱いお湯が出て“文明ってなんていいものなんだ”と猛烈に感動したそうです。

それから数ヶ月後。旅先で知り合った彼女がついに帰国するというので彼は空港まで迎えにいったそうなんですが、満を持してゲートから出てくる彼女を見て、真っ先に思ったことが「うわ、汚ね……」だった、というのを聞いて、失礼ながら私は爆笑してしまいました。旅先では自分も彼女と同じような格好をして、自分と同じような格好をしている彼女に魅力を感じ、好きになったはずなのに、それからたった数ヶ月、日本で文明の恩恵を一身に受けて生活したことで、同じ光景を見ても、受ける印象が激変してしまったのです。

よく、人を変えるには “付き合う人を変える” “仕事を変える” そして “住む場所を変える” このどれかしかないと言いますが、逆に言うと、住む場所が変われば、人の価値観って結構簡単に変わるということです。

ちゃんはーさんの彼は、何か命に関わるような事件に巻き込まれたというのでなければ、恐らく今、新しい場所で、新しい世界を見ていらっしゃるのではないかと思います。

私の理想を言えば、26歳の1年間と36歳の1年間の貴重さは同じであって欲しいし、もっと理想をいえば婚活のために自分の行動を変える必要があるのかということから考えたいところですが、とはいえ現実の婚活市場を考えると、ちゃんはーさんの仰るとおり、たしかに26歳の1年ってけっこう貴重です。

私たちの世代が、ひととおり恋愛や仕事を楽しんで、30歳あたりで結婚に本腰を入れようかな、と思っていたところに、どこからともなく颯爽と現れて同世代のきちんと話ができる男性を根こそぎかっさらっていくのは、往々にして堅実な26、7歳の女の子たちです。だから、どうしても結婚を重視されるのであれば、たしかにちゃんはーさんの仰るとおり、婚活をされるのも良いと思います。

……ただ、せっかく彼が赴任中なのであれば、一度くらい現地に押しかけてみてはいかがでしょうか。そうして現地で彼に会えれば、しつこいようですが、彼が命に関わるような事件に巻き込まれたわけではないと安心することができますし、価値観を激変させて話しが通じない彼を実際に目にしたほうがその後の気持ちの切り替えも早いと思います。そして何より、彼を追いかけて海外に渡航、その先でちゃんはーさんを待ち受けるドラマというのは、婚活と結婚という、多くの人が当たり前に乗るレール上には存在しない、ちゃんはーさんだけの物語です。自分を物語の主人公に仕立て上げるという体験、案外悪くないものですよ。

イラスト:クロワッサン編集部・どーなつ

紫原明子● 1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE