暮らしに役立つ、知恵がある。

 

中井美穂さんも検討中、亡くなった後にできる社会貢献「遺贈寄付」って何?

お金を使う満足感を何倍にもしてくれるニュースをお届け。

亡くなった後、資産を寄付する「遺贈寄付」。どんな仕組みなのか。

「相続は、決められたところにお金がいくと思っている方が多いですが、全くそんなことはない。自分が使いたいところに残せます」と語るのは司法書士の三浦美樹さん。
「親族へ残すほか、10万円など少額から社会課題に取り組むNPOや自治体、大学などに寄付できます。死後のお金なので、蓄えへの影響を心配する必要もありません」

三浦さんの祖母は、自治体の図書館へ10万円、遺贈寄付した。

「祖母は、自分が社会のために何かできることを喜んでいました。ひ孫にあたる私の娘も、祖母を誇りに思うと言っています。何代にもわたって思いを残せるのが遺贈寄付であり、人生最後のお金の使い方で、その人らしさを表現することができる選択肢だと思います」

近い将来、個人金融資産の7割を60代以上が保有することになる。年間の相続額は50兆円。一人一人が10万円寄付するだけでも、社会を変える大きな力となる。

「まずは第一歩として、寄付先はたくさんあることを知ってほしい。遺贈寄付するには、遺言書を残すのが確実。専門家と作成すると間違いないでしょう」

寄付先の例

〈 子ども支援 〉
● 全国こども食堂
 支援センター・むすびえ
● あしなが育英会(遺児への支援)

〈 国際協力 〉
● 難民を助ける会(AAR)
● かものはしプロジェクト(海外の子ども支援)

〈 動物愛護 〉
● ピースワンコ・ジャパン

私も検討しています!

中井美穂(なかい・みほ)さん●1965年生まれ。フジテレビに入社後、フリーに。遺贈寄付の認知を広めるワークショップなどを構想中。
中井美穂(なかい・みほ)さん●1965年生まれ。フジテレビに入社後、フリーに。遺贈寄付の認知を広めるワークショップなどを構想中。

「自分のお金を誰に残すのか考えないといけないな」、そう感じていたとき遺贈寄付を知りました。

寄付先は今理事をしている、がん患者への支援団体・キャンサーネットジャパンを考えています。

また、演劇が好きなので劇場なども検討中。私の思いを未来へ託せる、ということは、今仕事を頑張るモチベーションにもなっています!

  • 三浦美樹

    三浦美樹 さん (みうら・みき)

    司法書士、日本承継 寄付協会代表理事

    遺贈寄付を望む人向けに無料で遺言書を作成する「フリーウィルズキャンペーン」を定期的に開催。

※掲載の情報は2023年6月7日時点のものです。

『クロワッサン』1096号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. 中井美穂さんも検討中、亡くなった後にできる社会貢献「遺贈寄付」って何?

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載