くらし

画家の牧野伊三夫さんの、北九州・門司港へべれけの旅。

北九州の小倉に実家があるという牧野伊三夫さん。門司港で飲んでから小倉に帰るお気に入りのコースを紹介します。
  • イラストレーション・牧野伊三夫

港、港の飲み屋をはしご。あっちこっちで飲み歩記(あるき)。

『きく湯』で一風呂浴びて、旅の疲れを癒やします。

「東京から帰るとまず寄る銭湯、きく湯。古いタイルの湯船などは、銭湯好きにはきっと喜んでもらえるはず。飲む前に入っちゃうのがいいんですよ」

福岡県北九州市門司区清見1・6・17
TEL.093・321・6511 
営業時間16時〜23時 木曜休

『きんちゃん』で焼き鳥を 5、6串食べて、一杯やって。

「割烹着の女将さんが営む焼き鳥屋。ベビーハムを焼いてくれるのもうれしいな。厚切りのハムのような太い魚肉ソーセージです。なぜか北九州では豚バラを焼き鳥と呼びます」

福岡県北九州市門司区東本町1・5・31 
TEL.093・332・4538 
営業時間:17時〜22時 日曜休

2軒目は鮨屋の『富美(ふみ)』へ。 酒の肴になる鮨です。

「北九州の魚は魚種が豊富。穴子に車海老、関さば、ふぐ、藍島(あいのしま)のうに。これを鮨でにぎると最高。昔ながらのカウンターで鮨をつまんでまた一杯」

福岡県北九州市門司区栄町2・13 
TEL.093・321・2459 
営業時間:12時〜14時、17時〜22時*日曜は夜のみ 水曜休

大正時代の面影を残した 『門司港駅』から小倉へ。

「門司港駅から小倉までは電車で15分。門司港は大正時代の貿易港で、1988年に国の重要文化財に指定されました。3年ほど前に当時の様子に復元された木造2階建ての駅舎をぜひ見てください」

福岡県北九州市門司区西海岸1・5・31
TEL.093・321・8843

小倉のバー、『ビッグベン』で 〆の薬草酒を。

「まあまあ飲んじゃったから、明日のことを考えて、ウンダーベルクといきましょう。これはドイツの薬草酒。炭酸で割ってもらいます。二日酔い防止の薬代わりだけど、飲みすぎると逆効果なので、ちょっと注意ね」

福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1・2・2 
TEL.093・531・7171 
営業時間:19時〜翌2時 日曜休

牧野伊三夫

牧野伊三夫 さん (まきの・いさお)

画家

福岡県北九州市生まれ。書籍の挿画や広告を多く手掛け、酒と風呂、料理をこよなく愛する。『画家のむだ歩き』『かぼちゃを塩で煮る』など著書多数。

撮影・有山達也

『クロワッサン』1077号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。