くらし

スープ作家の有賀薫さんが堪能、りんご愛あふれる長野・飯綱の美味しい旅。

スープ作家として人気を集める有賀薫さんは、りんごが大好き。毎年、ゼリーやジャム作りを欠かさず、シードルにも興味あり。何十種類ものりんごを育てている長野県飯綱町を訪ねた。
  • 撮影・三東サイ 地図製作・竹中聡司

「採れたてのりんごでスープを作り、シードルを味わう贅沢。」

シードル専門の醸造所の小野司さん(写真左)の実家のりんご園へ。ふじ、つがるなどが色づくのはこれから。「りんごの木の下って物語が生まれそう。」(有賀さん)

アダムとイブの物語以来、りんごは古今東西の文学や歌のモチーフに選ばれつつ、人との関係を紡いできた。そして私もそんなりんごにすっかりとりつかれている一人だ。

新幹線の長野駅から車で30分ほど北に位置する飯綱(いいづな)は、町をあげての「りんご推し」。

旅先でりんご料理。りんごのポタージュと、りんごとチャーシューのサンドイッチ。

りんごとりんごのお酒・シードルに出合うきっかけをくれた思い出深きこの場所へ、7年ぶりにやってきた。

目的はシードルの醸造所、そして実をつけたりんご園を訪ねること。

加工用の青りんご・ブラムリー。

中でも私のお気に入りは、ブラムリーという英国の在来種の青りんご。そのままでは驚くほど酸っぱいのに、熱と甘みを加えると、酸味が強さに変わる。ポタージュにしても、甘いだけのりんごとは全く違う味わいになるのだ。

りんごをバターで炒めて柔らかく煮て、ポタージュに。

まずは今回初めて訪れる、シードル専門の醸造所『林檎学校醸造所』へ。私のシードルの師でもある小野司さんが、数年前に飯綱にUターンして立ち上げた。

可愛らしい校舎の一室(教員室だそう)に、シードルを仕込んだタンクが並ぶ。誰もいないのどかな校庭を眺めつつ試飲するクラフトシードルは、ひんやり甘くて最高。自分の学校じゃなくても、校庭を見ると懐かしい匂いがしてくるのはどうしてだろう。

ブレンダーでとろり、なめらか。甘みにはちみつを足しても。

そしてりんご園へ。歩いていくと目の前に平べったい独特の形をしたりんごの実が。憧れのブラムリー・アップル! ようやく出合えた若い実で、りんごのポタージュを作らせてもらう。

サンドイッチはすりおろしたりんごとしょうが、醤油を混ぜたソースで一体感。

りんごの酸味と香りがさわやかな風を運ぶ。レトロな懐かしさと新しいものへの好奇心が混ざり合った、よき旅になった。(文・有賀 薫)

廃校になった小学校に、お洒落なカフェとシードル醸造所が。

[いいづなコネクトEAST]

地域の拠点として、多くの人が訪れるコミュニティ施設。誰でも無料で利用でき、日用雑貨が買えるコーナーも。

●長野県上水内郡飯綱町赤塩2489 
TEL.026・262・1995
営業時間:9時~20時
定休日:毎月最終月曜(祝日の場合は翌火曜) 
https://iizuna.jp/iicone-east/

泉が丘喫茶室

りんごなど、自家製タルトが毎日12種類以上も並ぶ。

一番人気のタルトタタン550円と自家製アップルコーラ500円。

連日多くのお客さんが訪れる名物カフェ。

給食の調理室だった場所を改装。

「りんごの可能性を毎日考えています」と言うのは、店長の植田麻緒さんだ。大阪で10年カフェを営んでいたセンスが存分に発揮されている。ジビエバーガーなどもあり。

植田さんの実家もりんご園を営んでいるそう。

●泉が丘喫茶室

営業時間:カフェ11時~17時(ランチ~14時、イートイン16時30分LO) 
定休日:月曜 
TEL.026・253・3211
https://www.instagram.com/izumigaoka.tart/

林檎学校醸造所

シードルの魅力がぎっしり。ぜひ飲み比べをしてみて。

搾ったりんご果汁は、タンクで1カ月醸造。シードル造りのワークショップなども行っている。

「甘みと酸味、渋みのバランスが大事。組み合わせによって何種類ものシードルが作れます」と小野さん。

ショップには多彩なシードルが並ぶ。

8月に収穫が始まり、翌年3月頃までずっと搾汁、醸造。自社製品のほか、委託でオリジナルも。

ポムシリーズ3本セット3,000円が人気。
旅先でりんご料理。りんごのポタージュと、りんごとチャーシューのサンドイッチ。

●林檎学校醸造所

営業時間:11時〜16時(ショップ) 
詳細はHPで確認を。https://shop.5gaku.com 通販も可能。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。