くらし

手相だけじゃない、手から今の自分を知りたい人のための3つの記事。

体調や心の状態まで表れるという「手」。手相観の日笠雅水さんに、手から読み取れることやケア方法、手相の見方まで教わりました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 雄弁にメッセージを語るパーツ、「手」との向き合い方。

「手を観るというのは手相のことだけではありません。色ツヤや血色、ハリの具合、爪の状態。あるいは手指の姿勢にまでその人の今の状態が表れるんです」と、日笠雅水さん。まずは手をいたわることこそ開運の鍵なのだとか。

 ⇒詳細はこちらから

2. 何げない手の体操が、運命に弾みをつけてくれる。

手の血行がよくなれば、おのずと脳の血の流れはよくなり、ひいては運気もよくなる。「と、思い込むイメージの力がすごく大切なんですよ」と日笠さん。日笠さん自身も日常でよく行う「運命線」と「太陽線」を鍛える体操を教わりました。

⇒詳細はこちらから

3. 未来を示す右手で手相を読んでみよう。

手のケアや体操の後は、実際に手相を読んでみましょう。基本の線の押さえ方、吉相や注意したい障害線など、図解して説明します。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。