くらし

何げない手の体操が、運命に弾みをつけてくれる。

手は自分にいろいろなことをしてくれる。なら、その手で運を切り開くこともできる? 斯界(しかい)の第一人者、日笠雅水さんが語る。
  • 撮影・内田紘倫(日笠さん) イラストレーション・飯田 淳 構成と文・堀越和幸

\手の体操/何げない手の体操が、運命に弾みをつけてくれる。

手は表に出た「脳」である、ということだった。であるならば、手の血行がよくなれば、おのずと脳の血の流れはよくなり、ひいては運気もよくなる。

「と、思い込むイメージの力がすごく大切なんですよ」(日笠さん)

日笠さん自身も日常でよく行うのが、下に挙げたストレッチ、手と手をこすり合わせる、そして拍手だ。

「手と手を合わせると互いの手の温もりを感じますよね。これが大切です。この温もりに意識を向けることが、自分に向き合うことになります」

拍手は自分に弾みをつけてくれる。

「落ち込んだら、騙されたと思って10秒手を叩いてみてください。手のひらが熱くなり、さっきよりちょっぴり元気になっていませんか?」

手で向き合う自分。自分の最高の味方はいつだって自分。

これが安定するとうれしい2つの線、「運命線」と「太陽線」を鍛える体操を覚えておこう!

運気を呼び込む手の体操。

(1)両手をストレッチ。

両手指を組み合わせてグッと伸ばすストレッチ。窮屈になった心の凝りをほぐすことをイメージしながら。手のひら全体にハリも出てくる。

(2)手をこすり合わせる。

36回を目安に行ってみよう。すると手のひらが熱でジンジンするはず。これが気。こすりながら邪気を外に追い払うイメージですると、なおよい。

(3)クラッピング。

すなわち拍手。手をパチパチ叩くことは、自分に弾みをつけるための手軽な方法。音楽を聴きながら、手拍子を打つだけでも効果がある。

(4) 「運命線」と「太陽線」を鍛える。

親指と小指の頭をくっつけて残りの3本指をまっすぐに伸ばす。すると、手のひらの運命線と太陽線がよりくっきりと。

日笠雅水

日笠雅水 さん (ひかさ・まさみ)

手相観

「テソーミルーム」主宰。中学3年から独学で手相の世界を追求。YMOのマネージャーなど、音楽業界を経て手相観に。SNSはTwitter(@maaco3)を中心に発信中。

『クロワッサン』1060号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。