くらし

金運アップには黄色い卵を。島本美由紀さんの3種の味玉レシピ。

金運や健康運、よい運気は食卓から。「幸運を包んで食べる」ことを取り入れたアジアのレシピを紹介してもらいました。栄養満点で元気に。
  • 撮影・青木和義 文・室田元美

ラッキーな一年を連れてくる、簡単でおいしいアジアのごちそう。

[3種の味玉]

一晩置いていい色に染まり、味がしみた卵。袋の上から手で軽く混ぜておくときれいな仕上がりに。冷蔵室で2〜3日保存できる。

金運アップには黄色い卵を。鮮やかな半熟だとなおよし。

「黄色は東南アジアではお金を呼び寄せる色。食べ物では卵ですね」。いろいろな調味料に漬け込んだ味玉は、色や風味を楽しめる。鮮やかな紅しょうが、コクのある焼肉のたれ、甘酸っぱいスイートチリ。黄身がお金の輝きに近くなるよう半熟に茹でればさらに金運アップ。

焼肉のたれの味玉(左)
スイートチリソースの味玉(右上)
紅しょうがの味玉(右下)

【材料(各2×3種分)】
卵 6個
市販の焼肉のたれ 大さじ2
スイートチリソース 大さじ2
紅しょうがの漬け汁 大さじ2
※卵1個に対してそれぞれ調味料大さじ1が目安。

【作り方】
1.卵は丸みがあるほうの端の表面に画びょうで穴をあけ、熱湯で8分茹でる。
2.ポリ袋を3枚用意し、それぞれに殻をむいた茹で卵2個と調味料(焼肉のたれ、スイートチリソース、紅しょうがの漬け汁)を大さじ2ずつ入れる。空気を抜くように袋を縛り、冷蔵室に入れて一晩置く。

島本美由紀

島本美由紀 さん (しまもと・みゆき)

料理研究家

韓国人の祖母の影響で子どもの頃から風水に親しみ、アジアの食文化を研究。著書に『ムダなく使いきれる!冷蔵庫収納術』(コスミック出版)など。

『クロワッサン』1060号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。