くらし

お正月の風習を知って、清らかに新年を迎えたい人のための3つの記事。

古来より伝わる日本の風習を、お正月をきっかけにより楽しんでみてはいかがでしょう。この一年を振り返り、来年への願いを込めて過ごすひとときは、とても豊かです。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. お正月を清らかに迎える手作りのしめ縄。

「新年に飾るしめ縄には、年神様をお迎えするという意味があります。」と挿花家の雨宮ゆかさん。玄関や居間に掛けて楽しむ、シンプルなしめ縄の飾りの作り方を教わります。

 ⇒詳細はこちらから

2. 【正月準備編】正月を豊かにする、暮らしの風習。

「古来より新しい年の始まりに家を訪れるお正月の神様は、玄関などから入ってくると考えられています。」と、日本の行事・歳時記研究家の広田千悦子さん。大晦日までに終わらせておきたい玄関のすす払いなど、お正月の準備に欠かせないことを聞きました。

⇒詳細はこちらから

3. 正月を豊かにする、7つの暮らしの風習。

元日の朝は太陽に手を合わせる、干支の置き物を飾る…など、正月に行いたい7つのことを、引き続き広田千悦子さんに教わります。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。