くらし

旨みたっぷりボロネーゼ【若山曜子さんのフライパンだけで作るパスタレシピ】

フライパンだけで作るから茹でる手間が省け、洗い物も少ない「フライパンパスタ」。手早く簡単においしく作れる! パスタ作りの新定番です。
  • 撮影・中垣美沙 スタイリング・荻野玲子 料理作製・若山曜子 文・長谷川未緒 撮影協力・UTUWA

ボロネーゼ

香味野菜がたくさん入っているから、肉と野菜のバランスがとれたひと皿。
旨味たっぷりのソースがじっくり染み込む、太めパスタのリガトーニで作るのもおすすめ。

【材料(2人分)】
ペンネ 140g
合いびき肉 200g
鶏レバー 80g
香味野菜[セロリ 1/2本、にんじん 1/2本、たまねぎ 1/2個をそれぞれみじん切り]
赤ワイン 1/2カップ
トマトケチャップ 大さじ1
水 2カップ
塩 小さじ2/3
シナモンパウダー(またはナツメグ) 少々
ウスターソース・醤油 各小さじ1
パルメザンチーズ 適量(すりおろす)

【作り方】
1.フライパンを熱し、合いびき肉を入れてフライ返しで押しつけながら、中火で焼きつける。
2.脂をキッチンペーパーで拭き、こんがりしたら大きめにほぐして裏返す。
3.脇に寄せて、レバーと香味野菜を入れて炒める。
4.赤ワイン、トマトケチャップ、水、塩、シナモンパウダー、ペンネを加えて強火で混ぜ、煮立ったらふたをして、中火で絶えず表面がふつふつ沸騰している状態をキープし、表示時間の1分前まで煮る。
5.ふたを取って、混ぜながら強火で1〜2分煮詰め、ウスターソース、醤油を絡める。
6.器に盛り、チーズをふる。

しっかり焼きつけることで、肉のジューシーさに香ばしさが加わり、おいしさアップ。
ごろっとしたかたまりを残すため、ミートソースのようにパラパラにほぐしすぎない。

ソースがパスタに染み込み、味がしっかり決まります。

「パスタは通常アルデンテの手前でお湯から引き上げ、ソースと絡めて仕上げます。フライパンパスタは最初からソースと水分でパスタを煮るので、タイミングを計る必要も乳化の技術もいらずに、誰でもおいしく作れます」

と語るのは、料理研究家の若山曜子さん。今回使ったフライパンは直径26cm、底径22cm、深さ5〜6cmのフッ素樹脂加工のふた付き。フライパンの材質や大きさ、火加減によって水分の蒸発量が変わるため、時間は目安と考え微調整を。好みのパスタで作れるが、早茹でタイプは煮込み時間が必要なボロネーゼなどには不向きだ。

「コツをつかめば、野菜を増やしたり、肉や魚を加えたりといったアレンジも自在です。ぜひ気楽にお試しください」

若山曜子

若山曜子 さん (わかやま・ようこ)

料理研究家

テレビや雑誌、書籍等でのレシピ提案で活躍。お菓子と料理の教室を主宰している。著書に『フライパンパスタ』(主婦と生活社)ほか多数。

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。