くらし

粒マスタード入りチキンフライ【川津幸子さんのレシピ】

ヘルシーさでは敵なしの鶏むね肉も、調理次第でパサついたり硬くなったり。おいしく食べるためのひと工夫を教わりました。
  • 撮影・青木和義

粒マスタード入りチキンフライ

挟んだ粒マスタードが揚げている間に飛び出てこないよう、中央部分にしっかりと。

チキンフライの変化球。粒マスタードはフライにすることで辛さが飛ぶので、たっぷりと挟むのがコツ。レモンを搾ってどうぞ。

【材料(2人分)】
鶏むね肉 1枚
粒マスタード 大さじ2
塩・こしょう・小麦粉・溶き卵・パン粉・揚げ油 各適量
クレソン・レモンのくし形切り 各少々

【作り方】
1.鶏肉は4つ〜6つに切り、厚さを半分にするよう横に包丁を入れて開く。軽く塩、こしょうをふり、粒マスタードを塗って閉じる。
2.1に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、170度の油で香ばしく揚げる。
3.器に盛り、クレソン、レモンを添える。

川津幸子

川津幸子 さん (かわつ・ゆきこ)

料理家

料理誌の編集者を経て、料理家に。『小説新潮』での連載をまとめた『しゃばけごはん』が年内発売予定。小説に出てくる江戸料理の再現に格闘中。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。