くらし

メインから調味料まで。しいたけの旨みを活かした4つのレシピ記事まとめ。

9月が旬のしいたけ。そのまま焼いても美味しいけど、アレンジ次第で旨みが際立ちます。今、試してみたいしいたけを活かしたレシピをまとめました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.しいたけのリエット。

豚肉を使わなくても、おいしいリエットが作れます。にんにくと玉ねぎを飴色になるまで炒めるのが美味しさのコツ。カリカリのバゲッドと白ワインと一緒にどうぞ!

⇒詳細はこちら

2.しいたけ醤油。

干ししいたけの旨みがぎゅっと溶け込んだまろやか醤油。炒め物、揚げ物、豆腐にひとさじ。定番料理がぐっと美味しくなります。継ぎ足しも可能です。

⇒詳細はこちら

3.あさりとしいたけの中華風豆乳スープ。

もろもろっとした食感が新鮮。台湾の「鹹豆漿(シェントウジャン)」をアレンジした豆乳スープ。低脂肪で具沢山だからダイエット中にもおすすめです。

⇒詳細はこちら

4.しいたけとピーマンの薬味たっぷり肉詰め。

ピーマンの肉詰めのタネ、余ったら石づきをとったしいたけにも詰めてみてください。最後に牡蠣醤油を回しかけるのがポイント。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。