くらし

こだわりまくった、しいたけとピーマンの薬味たっぷり肉詰め【ヒャダインの台所 Vol.6】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインで連載スタート!
今回はクロワッサン1023号「夏の不調を防ぐ、薬味とスパイス」特集に合わせて、ヒャダインさんなりの薬味料理を作ってもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

薬味って不思議ですよね。食材の臭みを消してくれるんですけど、ちゃんと食材の良さを残すんですもん。
プロデューサー界でも「オーバープロデュース」という言葉があって、アーティストの個性を消してプロデューサーの色を強く出す方法があるんですが、僕はそれが苦手で。素材の味って重要ですよね!
てことでみんな大好き肉詰めを薬味オールスターズで作りました。ひき肉にそんな臭みがあるとは思えないけど合うんですよね、薬味。

話は飛びますが、レシピサイトを見てたら薬味って基本“ひとかけ”ですよね。でもにんにくってひとかけがマジで個体次第!「お前ふたかけだろ!」って突っ込んでしまう“ひとかけ”がありますよね。みんなの心の中の「ひとかけ」があるんだろうなあ。
そうだ、薬味のこだわり話していいですか。
しょうがって皮と身の間に栄養成分が豊富に含まれているらしいので、自分は絶対に皮は剥きません。大葉は葉っぱの裏に香りのカプセルみたいなものがあるらしく、使用する直前にモミモミしたらカプセルが壊れて香りが強くなるらしいです。ふう。すっきりした!

で、今回、しいたけとピーマンの肉詰めですが、まあ言ってみればハンバーグですよね! ぜひ作ってみてください!

【しいたけとピーマンの薬味たっぷり肉詰めの作り方】

<材料>
しいたけ 5個くらい
ピーマン 2個
鶏ひき肉 200g
卵 1個
パン粉 大さじ2
小麦粉 少し
大葉 6枚
しょうが ひとかけ
ネギ 1/4本
にんにく ひとかけ
塩コショウ 少々
牡蠣醤油 大さじ2くらい

1. にんにく、ネギ、しょうが、しそをひたすらみじん切りします。
2. 鶏ひき肉と卵とパン粉と塩コショウと薬味すべてをごねごね混ぜます。
手が脂っぽくなるんでビニール手袋とかして混ぜたらとてもラクですよ。
3. ピーマンは半分に切って、しいたけはいしづきを切って軽く小麦粉をふっておきます。
4. 2のひき肉をピーマンとしいたけに詰めます。薬味がやんちゃにはみ出しますが気にしない!
5. フライパンにサラダ油をひいて肉側を下にして中火で焼き目がつくまで焼く。
6. 肉汁が出てきたら裏返して牡蠣醤油を回し入れて蓋をして弱火で火を通します。
7. ちょっとだけ肉を割ってちゃんと火が通ってたら出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

音楽クリエイター。本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。