くらし

便利で簡単! アレンジ自在の冷製ミネストローネ【ヒャダインの台所 Vol.67】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は大鍋一杯に作っておけば、いろいろ展開ができるミネストローネを紹介してもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

いやー、夏ですね。暑いと胃腸も弱るし何より料理をする気にもならない。
そんな皆様にオススメのレシピです! 基本野菜を切って放り込むだけで完成! スタミナ付けたいからニンニク多めに入れてしまいましょう。で、鍋いっぱいに作れるんですが、冷やして冷製ミネストローネスープとして食べるもよし、少し塩を足してパスタに絡めて食べるもよし、最後はいっそカレールーを入れたらトマトカレーになるんです。めんつゆに混ぜて洋風そうめんなんかも美味い。万能すぎでしょ! それでも余るなら冷凍すればいいですからね。

アレンジきかせるためにそもそもは塩を少なめに作っています。今回使ってないピーマンやパプリカ、ジャガイモやゴーヤなんかも入れてもOK。栄養満点です。ポイントはオレガノとセロリです。いい出汁が出るんです。気が強い二者が全部引っ張ってくれます。まだまだ続く暑い日。ラクして夏を乗り切りましょう!

【便利!冷製ミネストローネのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>
ズッキーニ1本
ミニトマト 1パック
セロリ 半分
ナス 1本
キャベツ 1/4玉
玉ねぎ 小1つ
厚切りベーコン 200g
にんにく 3かけ
トマト缶 1つ
オレガノ 適量
塩 適量
オリーブオイル適量
コンソメ 一包

作り方
1. 野菜、ベーコンは全てサイコロ状に切っておく。ナスは溶けやすいので少し大きめに。ミニトマトは半分に切る。
2. 大きめの鍋にオリーブオイルを適量入れてみじん切りにしたにんにくの香りを出すまで炒める。
3. 切った野菜とベーコンをドーンと鍋に入れて、上からトマト缶と、トマト缶に水を入れて水500mL、コンソメを入れてトマト缶のホールトマトを潰す。
4. オレガノと塩を振りかけて30分くらい煮る。塩は控えめでいいと思います。あとで足せばいいので。
5. 具材が柔らかくなったら出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。