くらし

枝豆にひと手間加えて、食べ応えのある一皿になるレシピ記事まとめ。

夏は枝豆さえあれば! なんて人も少なくないのでは? 茹でて塩をふるだけでも美味しいけど、少し手間を加えるだけでも美味しいひと皿になります。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.爽快な辛さがビールを誘う、台湾風枝豆。

いつもの塩ゆで枝豆が、台湾の居酒屋の惣菜の味に! 花椒の爽快な辛さがビールにぴったり。さやの両端を切ってゆでると味がよく染み込みます。

⇒詳細はこちら

2.枝豆のコングッス。

薬膳ベースの韓国料理が人気のコウ静子さんに、枝豆で作る冷たいスープ麺を教わりました。グリーンのスープが目にも爽やか。そうめんに飽きたときにもおすすめ。

⇒詳細はこちら

3.ハーブと牛肉のエスニックサラダ。

個性的な香りのハーブと牛肉のサラダに、枝豆、オクラの夏野菜を散らした食べ応えのあるサラダ。サーブする前によく具材を混ぜていただきましょう。

⇒詳細はこちら

4.枝豆じゃこご飯。

じゃこと枝豆は好相性。じゃこの塩気だけで炊いたご飯は京都の味。秋は銀杏など季節の食材に変えても美味しいですよ。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。