くらし

季節のフラワーシロップソーダ【初夏の爽やかドリンクレシピ】

身近なハーブで簡単に作れる爽やかなドリンクを紹介します。
  • 撮影・青木和義 文・田辺 香

季節のフラワーシロップソーダ

生花とハーブで煮出した シロップを、炭酸水割りに。
花びらとタイムは煮詰めすぎると苦味が出てくるので、香りがしてきたらすぐ火を止める。
花びらとタイムを濾し、シロップを粗熱が取れるまで冷ます。

摘み取ったばかりの花びらと、爽やかな香りと辛味が特徴のタイムを煮詰めて。エキスを閉じ込めたシロップは、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

【材料(1杯分)】
フラワーシロップ30ml
炭酸水200ml
氷2〜3個

【作り方】
グラスにシロップを入れたら、炭酸水を注ぐ。氷を入れてよく混ぜる。

【フラワーシロップの材料と作り方】
鍋に砂糖100gと水100mlを入れて中火にかけ、砂糖を煮溶かす。弱火にし、花びら(バラ、桜、杏、すももなど好みのもの)ひとつかみ(2〜3枝分)とタイム2〜3本を入れて香りが立ってきたら火を止め、10〜15分ほどおく。花びらとタイムを濾して冷まし、清潔な保存瓶に注ぎ入れる。

山本祐布子

山本祐布子 さん (やまもと・ゆうこ)

MITOSAYA薬草園蒸留所ディレクター

イラストレーターとして雑誌や広告で活躍しながら、『MITOSAYA薬草園蒸留所』の運営に携わる。お茶やシロップなどのプロダクトを担当。

『クロワッサン』1044号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。