くらし

豆腐通の横山タカ子さんの冷や奴&温奴の技3。

手軽においしくタンパク質が摂れる豆腐の食べ方は、まさに無限大。料理やフードのプロに、冷や奴と温奴でおすすめのアイデアレシピを教えてもらいました。どれもとびきり簡単なうえ、バリエーションが豊富。あと一品欲しいときにも重宝します。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・高島聖子 料理製作・斎藤理子 文・小沢緑子

(冷や奴)サラダ冷や奴

目にもうれしい一品。夏野菜を豆腐と一緒に氷に浮かべて涼やかに。

【材料(2人分)】
木綿豆腐 1丁(300g)
ミニトマト 10個
きゅうり 1本
なす 1本
青じそ 10枚
A[ごま油 小さじ2 醤油 大さじ2   酢 大さじ2 鰹節 大さじ2]

【作り方】
1.豆腐は一口大に切る。トマトは湯むきする。きゅうりは長さ5cmくらいの棒状に、なすは厚さ5cmの輪切り、青じそは千切りにする。
2.1を氷水を張った器に入れ、すくいながらAのたれをつけて食べる。

(冷や奴)夏野菜ふりかけ冷や奴

野菜や漬物を刻んだ信州の郷土料理"ふりかけ"を豆腐とともに。

【材料(2人分)】
絹ごし豆腐 1丁(約300g)
なす 1本
みょうが 3本
青唐辛子 1本
きゅうり 1本
大根の味噌漬け 100g(手に入らない場合、大根125gをスティック状に切り、味噌大さじ2をまぶして容器に入れ、1〜3日漬けておく)

【作り方】
1.野菜と大根の味噌漬けは8mm角に切る。
2.すべてを混ぜ合わせ、豆腐にふりかけて食べる。

(温奴)煮温奴

だし汁とともに楽しみたい。季節の野菜を加えても味わい深くなる。

【材料(4人分)】
絹ごし豆腐 およそ1と1/2丁(450g)
長ねぎ 2本
昆布 5cm角1枚
A[水 800ml 鰹節 30g 薄口醤油 100ml みりん 100ml]

【作り方】
1.Aを合わせてだし汁を作る。
2.鍋に昆布を敷き、豆腐、斜め切りにしたねぎ、1を加え、煮ながらいただく。

横山タカ子

横山タカ子 さん (よこやま・たかこ)

料理研究家

長野の郷土料理を研究し、地の食材を活かす健康的な料理を紹介。著書に『横山タカ子のお漬けもの』など。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。