くらし

中井美穂さんが体験。「里山歩き」で心もカラダもすっきりと。

運動は疲れるから好きじゃないんです、という中井美穂さんを里山歩きに連れ出しました。すると……。
  • 撮影・藤巻 翔 ヘア&メイク・大島知佳 文・内坂庸夫 山歩き指導・宮﨑喜美乃 撮影協力・ザ・ノース・フェイス

ヒトのカラダはもともと屋外を走ったり歩いたりするために作られています。待ちに待った気持ちのいいシーズン、ルールとマナーを守ってアウトドアに出かけるのはいかがでしょう?

おすすめは里山歩き。町中の散歩もいいけれど見慣れた景色が多いのです。かといってハイキングは専門の知識や用具、そして体力が必要みたい、お手軽とは言えません。

ちょうどいいのが町と山の間、里山です。

歩く道は舗装路ではなく狭い土の道、自動車も通りません。気持ちいいし、安全です。そして何かあってもバス停や電車の駅はすぐ近く、見慣れた町は手が届くところにあります。
アクセス便利、思い立ったらすぐに行ける、というのもいいですね。里山はお手軽アウトドアの代表です。

なあんだ、大げさに考えなくてもいいんですね。

(左)中井美穂さん アナウンサー (右)宮﨑喜美乃さん 健康運動指導士

今回は中井美穂さんに里山歩きを楽しんでもらいました。

「運動は嫌いです、疲れちゃうから」と言う中井さんに無理なく楽に歩いてもらうために、山歩き(走りも)の達人、健康運動指導士の宮﨑喜美乃さんに同行してもらいました。

宮﨑さんにいろいろ教えてもらいながら歩いていたら、いつの間にかスタート地点に戻っていました。そのくらいはじめての里山歩き、楽しかったようです。

今回訪れたのは住宅開発から奇跡的に免れた東京・町田の広い里山です。舗装路から一歩入るともうそこに地元野菜の無人販売所があります。

「わ、山菜だけじゃなくて黒胡麻がありますよ。ふーん」

あれこれ手にしては感心しきりの中井さん。さあ、昭和の青春映画に出てきそうな田畑の脇をゆっくり上ってゆきます。すると、傘の形に積み上げたワラが3つ、横に並んでいます。脚のついた積みワラです。

「あれなあに?」

ガイド役の宮﨑さんがすかさず「小動物が雨宿りするためです」って大嘘。

「あはは、まさかあ」

最初から息の合うふたり、笑いながらのんびり坂道を進みます。

途中で満開の大きな桃の木を見つけた中井さん。近寄ったり離れたり、いろいろ写真を撮ってます。そのシーンを撮っている宮﨑さん。雨宿りの積みワラの先に炭焼き小屋がありました。近くのベンチに真っ黒になった小さな竹のかけらが置いてあります。

 ひと山を越えたら広い広い田んぼに出ました。 

10分の3、半分も歩いていません。

「炭焼き小屋っていうから、炭を使って陶器を焼く窯かと思ったら、そうじゃなくて竹を蒸し焼きにして炭を作るところなんですね。バス通りがすぐそこなのに、そんな小屋があるなんて」

小屋から10分も歩くと、もうクルマの音も聞こえません。どうやら今回のコースのいちばん高いところ(とはいえ標高110m)のようです。

「歩く距離を全部で10とすると、ここで3かな」と宮﨑さんが言います。

全部で5km、と聞かされていた中井さん。そもそも5kmという距離がピンとこないので、この表現はわかりやすかったようです。

写真撮影は楽しいですが携帯電話の電池を消耗します。必ず満充電しておきましょう、予備電池も。
家族や友人に行き先を伝えておくこと。そしてお手洗いに行ってからスタートしましょう。

「え、まだ半分も歩いていない!?」

口には出さなくても、中井さんの顔にそう書いてあります。そこで宮﨑さん、「ちょっと早いけどお茶にしましょうか。パンを焼きますから、中井さんはコーヒー豆を挽いてください」と。

宮﨑さんはザックからガスコンロや食器を取り出して、テーブルの上に広げます。豆のグラインダーを中井さんに渡して、「はい、お願いします」。

「え、やったことないんだけど」

「大丈夫、ここに豆を入れて、蓋をして、こう回せばいいんです」

「へえ、あ、回る、これでいいのね」

中井さんは戸惑いながらも、はじめての豆挽きがうれしそう。ガリガリガリ。

実は宮﨑さんは山歩きの時間を逆算して発酵するパン生地を用意してきていました。キャンピングガスで容器ごと加熱すればふっくら焼き上がるというしかけ。焼けたところでドライフルーツやナッツ入りの蜂蜜をのせて完成です。

歩きはじめたら20分くらいでいったん休憩。オーバーペースになりがちなので、水を飲んだり、上着や靴紐の調整を。そして大休憩のときにお茶やおやつは大事です。ポットに入れたお茶と市販のパンでも、里山ではとてもおいしく感じます。

「うわあ、おいしい」

パンを頬ばって中井さん大喜び。自分で挽いたコーヒーもまんざらではない様子です。

「そうか、お茶やパンも里山歩きの一部なんですね、知らなかったなあ」

さあ、次は尾根を下って隣の谷戸に進みます。細い山道を下ると広い広い田に出ました。長野や新潟なら当たり前の景色ですが、ここは東京、びっくりです。ちょっとした坂道があったので宮﨑さんが楽に上れるコツ、安全に下れるコツを教えてくれました。

「カラダをまっすぐにしてそのまま倒れてゆくと、おっとっと、片方の足が出ますよね。上り坂が急なほどその歩幅は狭くなります、それでいいんです。急坂はちまちました歩きになりますが、それが楽なんです」

わざと倒れる中井さんを宮﨑さんが支えます。

手のひらを頭にのせると背中がピンとします。

「下りはどうしても怖いから足元を見ちゃいます。すると腰が曲がって不安定、ますます怖くなります。なので背をピンと伸ばして顔を上げましょう。遠くと足元を交互に見ればいいんです。頭にお皿をのせると、落とさないように姿勢がよくなりますよね。ここにはお皿はないから、手をのせます」

「え、手?」

「ほら、まっすぐになるでしょう」

手を頭にのせてふたりは歩いています。ハタ目にはおかしいふたりです。

左・下りは足元を見ていると腰が引けて、さらに怖くなります。 頭にお皿をのせ、それを落とさないイメージで歩きます。手をのせてお皿のつもりで。ほら目線が上がって腰が伸びます。右・上りは歩幅が広くなりがち、斜面でおっとっと、とわざと倒れ込むように踏み出した歩幅が適正です。その狭い歩幅で上りましょう。

 思いもかけない景色がありました。 

里山は町に近いので道が私有地につながっていることもあります、立入禁止の看板があったら従いましょう。もちろん私有地の山菜、タケノコなどを採ってはいけません。

山を下りてきたら竹林があらわれました。中井さんは竹林が大好き。背の高い竹の中に入って、風に揺れる竹の先の空を見上げています。

「風って見ることができるんですね、はじめて知りました」

そしてお茶とおやつタイムも入れて3時間ほど、楽しく歩いてスタート地点に戻ります。

疲れるから運動は嫌い、とまで言っていた中井さん、終わったところで打ち明けてくれました。

「ああ楽しかった。里山とはいっても上り下りの坂はあるでしょう、運動じゃないかって、実は覚悟していたんですよ。実際に山に行ってみると、花や木、田や畑、まわりの景色に魅せられて、いつの間にかカラダが動いているんです。満開の花に近寄って写真を撮ったり、小川の流れに手を入れてみたり。運動ということを意識しなくてもいいんだ、って」

ほかにはこんな気づきも。

「いままで山歩きって、悟り、無心、マインド、気づき、といったものにつながらなきゃいけないと思っていたんです。でも実際に歩いてみたら、まったく悟らなくていい、新しい自分に出会わなくていい。ただ歩いて、“わあきれい、うわ、楽しい”でいいんです。なあんだ、ウインドウショッピングと変わらないんだって」

中井さん、次はどこに行く? って宮﨑さんと相談しています。

せっかくの里山歩き、翌日の筋肉痛で嫌な思いを残さないためにもストレッチは必須。/中井さん・ジャケット2万9700円、シャツ1万6500円、パンツ1万6500円(以上ザ・ノース・フェイス)、リュックサック1万4300円(マックパック/全てゴールドウインカスタマーサービスセンター TEL.0120-307-560)
中井美穂

中井美穂 さん (なかい・みほ)

アナウンサー

観劇のペースも最近やっと通常に戻ってきたそう。『宝塚 カフェブレイク』(TOKYO MX)の司会も好評。

宮﨑喜美乃

宮﨑喜美乃 さん (みやざき・きみの)

健康運動指導士

トレイルランナー。ミウラ・ドルフィンズ低酸素室トレーナーも務める。山を歩くことも走ることも大好き。

『クロワッサン』1043号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。